小学生卓球講習とカルピスウォーターの行方

プン助を小学生、中学生を無料で教えてくれると言う卓球講習へ連れて行く。

本当は、お友達の●●君と一緒に参加だったのだが、●●君はまだ体調が戻らず、お休み。●●君が来られないなら行かないと言い出さないか不安だったが、ちゃんと参加した。受付を済ませた後、体育館の上の休憩室からレッスンの様子を覗いてみた。

皆で準備体操。プン助は時折立ち歩いたりして、やや挙動不審。皆でランニングを始めると、列から外れて、前方転回をしたりしている。

「うわ」

休憩室で思わず、声を漏らしてしまう。

口を押させて、なおも覗き込む。

プン助の突然の前方転回に、周囲の誰も大して注目もしている様子はなかった。凄いとか言われたかったのか、ただ急に回転したくなったのかは謎だが、せめて周りを見て、危なくない範囲でやってくれと祈りながら見守る。

ラケットを持っての練習に入る。台に2,3人の子供、一人の先生…という体制になる。一人に何球かずつ、先生が球を出して、フォア打ちの練習。プン助の番になる。プン助は普通に当てれば良い所を、身体傾けてまで猛スマッシュ。先生がそんなに大振りにしないで、このくらいのフリで打ってと説明している様子。その後プン助は一応、小ぶりにやって見せるが、球が来ると、どうしても猛スマッシュをしてしまう。殆ど空振り。ローテーションでコーチも変わっていくのだが、バックで打つ時にも、大振りで猛烈に強い打球を打とうとしては殆ど失敗していた。同じようにもっと小ぶりで・・・とアドバイスをされている様子だが、球が来ると、全力で打つのはやめられない様子。

自分が打つ場面じゃない時は虫取り網のような網で球を拾い集めるのだが、球が転がって来るたびに猛ダッシュで拾いに行く。球出ししている先生にもぶつかりに行きそうな勢い。聞こえないけれども、「周り観て、周り観て」と、呟いてしまう。

球を集めて、元入れたったカゴに返す際、勢い余って、球がバラバラと転がってしまう。

「溜めすぎなんだよ。あ~あ」

私も、休憩室でブツブツ話している怪しい人になってしまっている。ずっとそんな風でいるのも、なんなので観るのもそこそこにして体育館を後にする。

前日、カルピスウォーターを●●君にあげたいと話していたことを思い出し、そんなに悩むなら、買ってやろうと、買って帰る。

 

帰宅したプン助は、カルピスウォーターを観て、大喜び。

あげに行く。

袋にも入れずに裸で持って行こうとするので、せめてちょっと小奇麗な袋にいれなよ!と、止めようとしたが、既に家を飛び出していた。

 

人からモノを頂く時、大抵小奇麗な袋に入っていたりメッセージが入っていたりすることが多いのだが、実際自分がそれをやろうとすると、本当にその気遣いとかが、自分にとっては苦行で、現物でお渡し出来たらどんなにハードルが下がるだろう・・・と思っていた。

心遣いや気遣いが身について、本当に素敵な袋に入れたり、メッセージを入れたくてたまらない人もいるらしい。でも、私にとってはとりあえず人並の常識があっておかしな人に見えないように頑張るノルマのようになってしまっている。

あんな風にむき出しのカルピスウォーターをそのまま渡しに行けるプン助が羨ましい・・・。大人が剥きだしのまま、持って行ったら、ちょっと変だと思われるが、私が下手にキレイな袋に入れさせたり、メッセージを入れさせたりしたら、プン助のあげたいという思いの純度が幾分濁ってしまっただろう。

「え、何、剥きだしで?」「どういう教育を受けているのかしら」

などと思うご家庭もあるかと思うが、どうかすんなり、気持ちが届きますように。

|

卓球と意図しないデジタル断ちでメンタル調整

「明日、2時間目から来られる?」

と、担任の先生に言われたというプン助。

2時間目から行くのだろうか?と、見守っていたが、行く気配なし。

チャーハンを作ったりしている。

ああ、もう3時間目始まったよ…。

今日は13時から、卓球なので、家事や事務的な用事などをしていると、母から電話。

北海道に住む友人の具合が悪いのだが、膝の手術をしたばかりで、お見舞いに行けないことを気にしていた。私が付き添えば、札幌に行けるかどうか・・・などを話して電話を切った直後、

「安倍さん襲われたって速報が出てる」

と、旦那さん。

その時点でテレビを付けたが、意識があるのかないのかも、まだわからない状態だった。胸と首に傷を負っている・・・と、聞くだけで、不穏な感じ。

 

自民党に心を寄せたことは、人生で一度も無いのだが、思った以上にショックを受け、卓球どころではない気持ちになった。

「今日は卓球お休みしようか・・・」

と、いう気持ちになった直後、

「こういう時こそ、絶対に卓球をした方がいい」

と、打ち消すような気持ちが湧いて来た。

 

この日の練習場には冷房がなく、蒸し風呂のようだったが、ここでは誰も、襲撃の話をしていなかった。

 

高校生の頃、憂鬱でこれ以上ないと思うほど落ち込むことがあった時、部活の練習どころじゃないよ!と思っていたのに、卓球をすると、自分でもびっくりするくらい、元気になったことがあった。卓球に限らず、スポーツにはそんな効能がある気がする。

もしかすると、他の方達も今日は、そんな気持ちで練習に来たのかもしれない。

勝手な推測だが。

 

スマホでいつも歩数を図っているので、練習中もポケットにスマホを入れている。平均一日8千歩を目指しているのだが、8千歩は普通に暮らしているだけでは中々クリアできない。日常生活のみでは、せいぜい5千歩行くかどうかで、意識的にプラス3千歩歩くようにしているのだが、卓球をする日は、1万2千歩くらいになる。

卓球をする日は歩数の稼ぎ時でもあるのだ。

いつもは、休憩の時に何歩稼いだかな…と、気になってスマホの歩数計を観たりするのだが、この日は安倍さんの件で新しい情報が入るのも恐ろしく、スマホを見ないようにしていた。

卓球が終わり、恐る恐るスマホを見ると、「iPhoneを削除しますか?」という文字が表示されていた。

どうやら、ポケットの中で、間違ったパスコード番号などが押されたことになって、41分間後まで、使えなくなってしまっていた。

 

今まで、そんなことは一度もなかったのに・・・。

41分後という中途半端な分数も何なのだろう。

 

リュックやポケットに入れて、また布が触れてしまったりしたら、今度は何時間も使えなくなってしまう。細心の注意を払って、スマホに余計なものが触れないようにしまい、帰宅した。

 

なんとなく、今は新たな情報に触れない方がいい・・・ということなのだろうと、帰宅後アイスを食べたり、洗濯物を取り込んだり、畳んだりして、テレビを付けないようにしていた。

数十分後、スマホの画面から不穏な表示は消え、平常画面に戻っていた。普通に番号を入力したら、表紙抜けするほど、あっさり使えたのだった。

ニュースで、状況の進捗を見ると、私が卓球に行く前とあまり変わっていなかった。

心配停止と報じられて、回復した人を今まで見たことはない。でも、これだけ長い間、治療をしているということは、最高の医療を施して何か良い兆候が現れたりしているのかもしれない。

もしくは、いつ、どのように発表するのか方針が定まっていなくて、それが決まるまではとにかく治療を続けているのかもしれない。

 

全然好きではなかったけれど、こうなると実はちょっと好きだったのかな…という気さえして来てしまう。

なんとか回復してくれないものだろうか。

でも、小池都知事や岸田総理、弟の岸信夫さんなどが、マスコミに応対している表情を見ていると、全てを分かっていて黙っているようにも見えてしまう。

 

昭恵さんが病院へ到着する様など、流さないであげて欲しいなと思って間もなく、訃報のニュースが流れてしまった。

 

こんなに悲しい、憂鬱な気持ちになるとは思わなかった。

思ったより、メンタルがやられてしまっている。

来週は、体が許す限り卓球をしなければ。デジタルからも少し離れよう。

|

35年ぶりに出場した卓球の試合

プン助、合宿。

私は卓球の試合。

ニンタマは一日中ダンス。

 

朝5時に起きて、私とプン助とニンタマの分の弁当を作る。

合宿の集合は朝6時半に小学校の校庭。プン助が間に合うよう行けるのか、不安だったが、旦那さんが自分のお仕事ついでに送ってくれ、

一安心。

あとは、自分のことだけやればいい。今日は、参加させて貰っている卓球のチームのメンバーとして、団体戦に出場することになっていた。

試合に出るのは高校生以来。ルールも昔とはかなり変わっていて、ろくに把握もしていない。大丈夫なのだろうか。かなり心配。

今日出場するメンバー達と、分倍河原駅で待ち合わせて、バスで府中の体育館へ。

Kさん、Fさんとはよく一緒に練習しているのだが、他のHさん、Tさんとは殆ど話したことさえない。

Tさんとは、過去2度程練習相手になって貰ったことがあったが、明らかに70代を超えて、お元気だな・・・という印象くらい。試合に出まくってるとは聞いていたけれど、正直それほど強いとは思っていなかった。

Hさんとは、打ち合ったことも無いので恐らく上手なのだろう・・・程度の認識。

どのみち、一番下手なの私…ということだけは確実なので、酷すぎる負け方だけはしないように、頑張らねば。

と、最早、負ける気満々。

 

体育館へ行くと、皆凄い勢いで卓球台を取り、練習を始めていて、私達のチームは台を取りそびれてしまった。かろうじて、他のチームに半面を借りる形で練習をする。

 

どうやら今日は3チームと対戦するらしい。

団体戦では一試合目、二試合目、四試合目、五試合目はシングルス。三試合目のみダブルス。三試合を先に取ったほうが、勝ち…というルール。

なので、三試合目までで、勝負がついてしまえば、四試合目、五試合目は無しということになる。

最初の試合では私は五試合目のシングルスに出ることになったので、勝負がついてしまっていれば、試合に出なくて済む。

出てみたい気持ちもあったが、出ないで済みますように…!と、こっそり願ってしまう気持ちもあった。

最初の対戦相手との一試合目は70代のTさん。

最初の1,2点は取られていたが、その後、すぐに調子が出てきて12―10で1ゲーム先取。その後は、11-2、11―5と軽く下してびっくり。こんなに強い人だったのか…。小柄であまり動いているようにも見えないのに、漲る闘志。ビシバシ決まる攻撃。そうか・・・打たれたり、コースを振られたりする前に、攻撃で決めてしまうのか・・・。カッコいい!点を取る度に拍手する手に力が入り、手がジンジンして来てしまう。

しめしめ…!この分だったら、私の五試合目に行かずして勝てるのでは?

だが、二試合目にHさんが、破れてしまう。対戦相手の方が、強かったりうまかったりしたわけではないのだが、ちょっとした調子やミスで、破れてしまったのだ。何かはっきりとした要因を探そうとすれば、執着心と闘志の差なのかもしれない。

 

三試合目。ダブルス。こちらは2セット取って、相手チームも2セット取って、最後の試合ジュースで有利な展開になっていたので、勝てる!と思ったのだが、相手が盛り返してきて負けてしまった。

今回は執着心と闘志の違いもあるけれど、場数がものを言うのかな・・・と思った。ダブルスに出ていた、KさんとFさんは、私よりはちょっと先輩だが、グループの中では若手で、とても上手ではあるけれどまだ試合慣れはしていない感じがした。

 

四試合目はダブルスにも出ていたFさんが出ることになり、私は応援する気満々だったが、隣のコートに空きが出たのか、私の試合も並行して行うことになってしまった。

 

なんと・・・出ないで済むと思っていたけれど、出ることになってしまった。

 

1セット4-11、2セット7-11、3セット6-11・・・。

当然のようにボロ負けしてしまった。ただ、もっとボロ負けすると思っていたので、マシなボロ負けではあった。

 

そして、言わなくてもいいのに、わざわざ

「今日、試合でるの初めてだったんです!勉強になりました!ありがとうございます!」

と、言いに行った。

初めてが負けた言い訳には全くならないし、言わない方が人間としては断然スマートなのだが、この言い訳は今日しか使えない。わざわざ言いに行くのはみっともないけれども、言った方が自分がスッキリする。色々葛藤の末、みっともないけれど、気が済む方を選んだ。

 

「いやいや、危なかったっすよ」

 

と、対戦相手は、笑顔で返してくれた。全然危なくなかったのだが、いい人だ。

四試合目のFさんは、勝っていたのだが、私が負けてしまったので、団体としては3―2で負けになってしまった。

 

2チーム目との試合も、私は五試合目。

 

Tさんは、凄まじい気迫で勝ち、ダブルスも勝ったのだが、二試合目は負けてしまい、私はまたもや五試合目に出場することに。この試合、最初の1ゲームは落としたのだが、何故か2ゲーム目は取れてしまったのだった!奇跡か?!この波に乗るぞ!と、調子に乗って3ゲーム目に臨んだものの、負けが濃厚になって来た頃、四試合目のHさんが勝ったので、私の試合は中断という運びになった。

1セット取れたのはびっくりだ。

 

3チーム目の対戦相手は勝ち目のないほど強いチームだったようだ。色々経験したほうがいいからと、今後は五試合目ではなく、二試合目に出ることになってしまった。

この試合では、連勝していたTさんが、初めて負けてしまった。でも、1ゲーム、2ゲーム落とした後、戦略を変えて、3ゲーム、4ゲームを取り、5ゲームはジュースに持ち込むという、凄い接戦だった。

Tさんも対戦相手も、MAXで楽しそうだった。打たれているのに、「うまいな…!」と、言いながらニヤリとしたり、2セットとられた後、形勢逆転している際には、「これが卓球よ」と、目キラキラさせたり。試合を通じていつの間にか仲良くなり、セットの合間にはきゃぴきゃぴ盛り上がったり。なんて素敵な二人。。。

二人の良い試合を見た後、二試合目の私。

相手は、上手な人ではあったのだが、何故かサービスが打てない・・・という謎の病にかかっていた。私が何もしないのに、2点連続ミスサーブをしてくれたりするのだが、たまに入って来るサーブが、本人にも予測不可能な位置に落ちて来るので、異様にやりづらい。しかも、レシーブは普通にとてもうまく、こちらがスマッシュをしても、ほぼほぼ打ち返されてしまう。

結局1セットは取れたのだが、3セット取られて負けてしまった。

「ごめんなさい」

と、チームメイトたちに謝ると、

「楽しんだらいいの!謝っちゃダメ」

と、Tさん。

やべぇ、かっこいい。

その後、皆で弁当を食べ、府中の物産展で野菜を買ったり、お菓子を買ったりして、府中を満喫した。

 

試合になんかでなくても、軽く卓球で運動できれば・・・と思っていたのだが、やはり出ると、ちょっと火がついてしまう。

 

下手なら下手なりに、作戦を立てるべきだった。下手なりの方法でベストを尽くすべきだった。

今までは、練習の為の練習をしてきた気がする。試合の為の練習もしなければ、試合でベストを尽くすのも無茶な話だ。

練習のための練習しかしていないので、ミスをするとつい謝る癖がついていた。今日も、試合で相手の得点になる局面で、なんども「すみません」と、謝ってしまった。高校の卓球部時代では、試合中に相手に点を取られているのに、謝るみたいなことはしたことがなかったのだが、頭がバカになっているのだろうか?

これを直すには、普段の練習で、謝るのをやめるのが一番なのだが、失敗して自分よりも年上の人にボールを拾いに行かせているのに、謝らないでいるのも、中々心苦しい。

どうしたものか…。

練習の前に、一々相手に

「私、試合で謝る癖があるのを直したいので、失敗しても謝らないことにしょうと思ってるんですが、本当は、悪いと思ってますし、先に謝っておきますね。すみません」

とでも、言えばいいのだろうか?

いや、それは凄い変な人みたいだ。

何か良い方法を考えなければ…。

色々悩ましい。

 

|