蒸すのが好きなわけではない…おさんどんを巡る水面下のバトル

打ち合わせで、帰宅が遅くなると思い、朝夕食の下ごしらえだけして置こうと食材をチェック。

中途半端な量で痛みかけている里芋があったので、レンジでチン。

ひき肉と里芋の甘煮にするには、芋の量が足りない。

なんとなくジャガイモも足しておこう。

サラダにするにも、ひき肉の甘煮にするにも、ジャガイモで嵩ましすればなんとかなる。

そうそう、レタスも洗って契っておこう。ジャガイモを蒸すなら、ついでに塩麹につけ込んだ鳥の胸肉も蒸してしまおう。

早く帰宅できたら、里芋とジャガイモをひき肉で甘く煮物。

レタスにはアボカドを足して、水切りヨーグルトとポン酢で和えてサラダにすればいい。

鳥胸肉は裂いて、キュウリなんかを足してゴマだれかなんかにすればいいし…これでとりあえず、3品になる。

すると、

「あ、晩ご飯そっちが作ってくれるの?」

と、夜勤から帰って来たばかりの旦那さん。

 

ウチでは、なんとなく朝ご飯は二日酔いや徹夜でもしていない限り、私担当。

晩ご飯は得にローテーションが決まっているワケではないが、雰囲気で暇の度合いが高い方、もしくはより体力に余裕が残っている方が作ることになっている。

貧乏暇なしで高齢子持ちの我々はいつも余裕はなく、体力は常に限界。

晩ご飯の作りの担当はできれば避けたい。

なるべく相手に押し付けよう…という無言の闘いが日々繰り広げられている。

「あ、晩ご飯、そっちが作ってくれるの?」

というセリフはマウントを取られたも同じだ。

ヤバい。

「あ、打ち合わせ長引いたら作れないから、どっちが作るにしても、支度が楽なように準備してるだけ…」

と、なんとか身を交わす。

旦那さんは、私の下準備を見て、

「何これ、こんなの作られても、オレやり辛いんだけど…だったら、何にもしないでくれた方がマシだよ」

と、あからさまに不機嫌になった。

せっかく頑張って支度をしているのに、全否定かい!

イラっとして、

「え?でもレタスはすぐサラダにできるし、芋は最悪そのまま味噌付けても食べられるし」

と、反論する。

「わかった。じゃあ、それはそうするよ。で?肉は?こんな味のついてない肉だけ蒸されてもさ…」

「え〜!塩麹で下味ついてるもん!」

すると、

「だろ?味がついてると、やり辛いんだよ!味がついてなかったら、色々出来るのに、下手に味なんかついてるとさぁ!」

「だったら、オリーブオイルでも胡麻油でもかけて、なんか足りなかったらレモンでも絞ればいいじゃん!っていうかさ、さっきは味がついてないと困るって感じだったのに、今度は味がついてるとやだみたいなこと言うの?」

こんな風に夫たる人種を追いつめるのは得策ではない…ということは重々承知しているのだが、50近くなろうがどうしても、そこまで大人にはなれない。

たかが、おさんどんで若干険悪な雰囲気に。

しばらく黙っていた旦那さんだったが、

 

「ま〜、そっちがなんでも蒸したいってことはわかったよ!」

 

 

と、よくわからないまとめ方をした。

面倒くさくなり、

「っていうかさ、私ご飯つくらないって言って無いじゃん!早く帰れたら作るよ?でも、わかんないからさぁ」

と、ついに一応この日のご飯担当を引き受けるつもりがある台詞を口にしてしまった。

 

険悪になる前に最初っからそう言っておけばよかった。

無駄に揉めてしまっただけだ。

 

だが結局、打ち合わせは、長引いてしまった。

急いで帰ろうと思っていたら、数件電話が掛かって来たりで、帰宅できたのはほぼ19時。

すでに旦那さんと子供らは食卓を囲んでいた。

 

テーブルの上には、里芋と、ジャガイモの蒸したものに味噌を添えたもの、レタスに細かく裂いた鶏肉が入ったサラダ、昨日の夕食の残りの鮭、キャベツの味噌汁が並んでいた。

お味噌汁は、新たに作ってくれたらしい。

「このジャガイモさぁなんでこんなにしょっぱいの?そういう種類?」

と、旦那さんにジャガイモの味見をするように言われる。

食べてみると舌がピリっと痺れ、味つけしたようにしょっぱい。

食べたことの無い味だ…。

そういう種類?だとしても、全くおいしくない。

というか、不味い。

今の所変な匂いはしないが、痛みかけているのかもしれない。

思えば、朝はそれほどでもなかったが、昼は夏かと思う程暑かった。

保温力に優れたステンレス何層…というのが売りの鍋で蒸して、そのまま余熱で…と思ったのが、裏目に出てしまったようだ。

よかれと思ってやった事で、朝っぱらから険悪な雰囲気になった上に、作ったものは食べられない有様。

なんてコストパフォーマンスが悪い一日なんだ…。

「なんでもかんでも蒸すのが好きだから、こんなことになるんだよ」

旦那さんはそんな事は言わなかったが、内心思っているのではなかろうか…。

バツが悪くなり、「保温力の高い鍋っていうのも善し悪しだね」「やっぱり、この季節は、すぐに冷蔵庫に入れなきゃだめだね!」「鶏肉は無事で良かったよ」

と、一人でべらべらしゃべりまくった。

 

子供らはご飯に味噌をかけたものばかりお替わりしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あのセブンイレブンにはもう、行かない・・・

先日、nanacoカードを紛失してしまった。楽天のポイントを溜める為に、楽天カードでクレジットチャージをして、公共料金や税金など全てnanacoカードで払っているので、一大事。

センターに電話してみると、不法に使われた様子もない。家のどこかにあるのでは?と思いつつ、ウチにはブラックホールがあって出て来ないものも多いので、再発行することに。

電話で再発行する際に必要な番号を聞き、セブンイレブンへ。

だが、メモした紙を忘れてしまう。

その日は諦めて、後日またセブンイレブンへ。

電話で聞いた番号を伝えると、何やらレシートみたいな紙と新しいnanacoカードをくれた。

確か、電話の説明では、貰った用紙(おそらくレシートみたいな紙)と身分証明できる書類のコピーを送れば、二週間程で元々チャージされていた状態になると言われていたので、安心して帰宅。

いざ書類を送ろうと、用紙をよく読むと、店舗で返信用封筒を貰って送るように・・・と書いてある。

「返信用封筒なんか、貰ってないぞ!」

ああ、またセブンイレブンに行かなければならない・・・!

後日、仕事の合間にやっとセブンイレブンに行くと、お昼の時間帯で混んでいた。

こんな時間帯に、ややこしい事を言うのも気が引けたが、私の行ける時間もこの時間帯しかなかった。申し訳程度にお菓子も同時に購入することにして、長蛇の列に並ぶ。

やっと、順番になったのだが、バイトの店員さんはよく分らないらしい。

側を通りかかった、頭頂部の寂しい店長っぽい人に

「専門の封筒ってありますかね?」

と、聞いていた。だが、店長らしき人は


「無い!」


と、即答。

弱った顔のバイトさん。私の後ろにも人は並んでいるので、焦っている様子。

「少々お待ち下さい」

と、何やら引き出しなどを探し始めた。しばらくして、

「これですかね?」

と、それらしき封筒を持って来た。nanacoカード専用みたいなことが書いてあったので、

「きっとこれですね」と、ホッとして店を出る。

出ながら、封筒をマジマジと見てみると、それはその店舗でカードを作る人対象だったのか、本社の宛先やら、何も書いていない。

これは違う!

また引き返すのも面倒だし、自分で本社を調べて送ろうかとも思ったが、身分証明書のコピーが入っているものだし、間違った部署に行ってしまったら尚更面倒なことになる。

引き返して、再び長蛇の列に並ぶ。

「これ、違うみたいですけど。宛先も何も書いていないですし・・・」

と、バイトさんに訴える。バイトさんは再び店長っぽい人に聞くが、

「だから、そんなものは無いって!」と、イライラ怒鳴る店長。

「え、でも、ここにお店に返信用封筒を貰って送って下さいって書いてあるんですけど・・・!」と、私が言い返すと、彼は忌々しそうな顔で、私を見もしないで何やら奥へ探しに行った。

そして、

「これですか?」

と、封筒を持って来た。


え?それを私に聞くの?


と、思いつつ封筒を見てみる。

それにはちゃんと再発行の際の宛先も書いてあった。

 

あるじゃねーか!!!



 

怒鳴りたい気持ちを抑え、

「あ、これですね、これでいいと思います」

と、受け取る。

だが、店長は私の受け答え一切反応しないで、レジに戻って行った。

 

バイトさんの方が、私に済まなさそうに軽く頭を下げていた。

 

おい!店長らしき奴!

 

いくらなんでもその態度はないのではないか?

確かに忙しい時間帯に、おそらく店にとって何の売り上げにもならないカードの再発行手続きについて、面倒な事をいう客は迷惑かもしれない。

だが、私はそのカードで買い物する訳だし、客商売なのだから、最低限の感じの良さくらい保てないのだろうか?

 

苦情の手紙を書いてやりたくなる。

 

だが、苦情の手紙を書く時間を思うと、面倒臭い。

 

きっと、あの店は売り上げも悪く、いつも経営難で、本社の無茶な目標や要求に不満を持っているに違いない。頻繁にあるわけではない再発行の手続きについての、講習なども行き渡っていないか、忘れてしまったかなのだろう・・・。

あのバイトさんも、あんな店長の下でバイトをするのは辛かろうな・・・。

 

と、色々自分を納得させて、苦情は断念。

 

今日別のセブンイレブンに行ったら、普通にnanacoカードのチャージが復活していた。

堪っていた水道料金と、税金を支払えてほっとする。

 

でも、もうあの店には極力行かないぞ・・・。


|

のっぱいチェンジ子ブタ

今、3歳になった息子プン助。
まだ、おっぱいを飲んでいる。 長女のニンタマは1歳2ヶ月で断乳した。
出来れば、ニンタマに妹か弟を…と思っていたが、年齢的に限界だった。
早く断乳して一刻も早く二人目を作る計画だった。
だが、この断乳がとても辛かった。 10日間くらい、胸は張りまくり、振動が響くほど痛かった。 何故か頭痛と肩こりは2週間くらい続いた。 そして、泣いて欲しがるニンタマ。
自分的にもトラウマになるような思い出だった。
産婦人科医に自然妊娠は無理かもと言われた矢先に滑り込みセーフで出来たプン助。
もはや3人目は考えなくていい。
今度のおっぱい離れは本人に任せようと思った。

ニンタマも放っておいたら、いつまで飲んでいたのか知りたかった。
プン助こそは、無理矢理やめさせることをしないで観察してみよう。
母親がまだ飲ませる気満々でも8ヶ月くらいで自分からやめる子供もいるらしい。
プン助はどういうタイプなのか…。
だが、3歳を越えて最早殆ど何も出なくなった乳に「ぶひぶひ」言いながら、かぶりつく姿を見て、時折不安になって来た。
私の乳も見るも悲しい状態になってしまったが、まあそれは諦める。
普通3歳くらいになったら、多少対外的なことを気にして、外では吸っていない振りをしたりするのでは? と、思うのだが、外出先でも保育園のお迎えタイプでも猛然と私の服を脱がせようとしたり「ママのっぱい~」 と、食らい付いて来ようとする。
祖母や夫が何度もやめさせようと、 「ああ、恥ずかしい!」「3歳にもなって、まだおっぱい飲んでるの?皆に言っちゃおう」 と、言っても全く気にしない。
今では「ママのおっぱい~」が、段々省略されて「ママのっぱい~」になり、もっと省略されて「のっぱい~」になっている。
そして、最早、露草程度何かがしみ出す程度の乳がご不満らしく、頻繁に左右のチェンジを要求する。
片方を飲んでいると、 「こっちのっぱい~」 と、逆をリクエストし、逆をちょっと飲むと 「こんどはこっちのっぱい~」 と、度々チェンジコール。
これでは、眠れやしない。 もしかして、若干変態入ってるのでは?と、思ったりもする。
だが、ここまで粘ってたのに、プン助がいつ自分で悟ってやめるのかみるのを諦めて、 断乳すると、なんとなく今まで何の為に頑張って来たのかわからなくもなる。
しかし、親がやめる手助けをしてやるのもいいことかもしれない…などと逡巡している。
迷いを口にすると、旦那さんや祖母が「今日からやめよう!」 と、私によかれと思って頑張ってしまいそうな気もするので、気持ちが固まるまでは迷いを口にしないようにしている。

「もう~!チェンジばっかりしないでよ!」と、毎晩怒っているのだが、ニヤニヤするばかりのプン助。
3歳なのに、まだ赤ちゃん臭さが抜けずコロコロしているので、いつも 「子ブタちゃん」「子ブタ!」「ブタ子」「バカ子ブタ!」と、世間からお前こそ「バカ母だ!」と、非難されるような呼び方で読んでいるのだが、 バカ子ブタは流石に、気に入らないらしく「違うでしょ?普通の子ブタでしょ?」 と、言い返して来る。

それが可愛くてついつい 「おい、バカ子ブタ?」 と、かまっていたら、ある日 「違うでしょ?おっぱいチェンジ子ブタでしょ!」 と、言って来た。
その切り返しに驚き、 「え?今おっぱいチェンジ子ブタって言ったの?」 と、聞き返すと
「あ、間違えちゃった。のっぱいチェンジ子ブタ!」 と、言い直して、満足気な顔。
側にいた旦那さんに、「このコ今、自分のこと『のっぱいチェンジ子ブタ』って言ったよ~」 と、伝えに行くと、その私の体にのしかかって 「ママのっぱい~!」 と、食らいついて来た。

こう書くと、ただの可愛いでしょのノロけのようであるが、実際本当に困ってもいる。
姉のニンタマが、プン助がいつまでも吸っている姿を見て、自分が早々にやめさせられた事を悲劇のヒロインのように愚痴るのだ。
「ニンタマちゃんなんか、まだまだ吸いたかったのに、やめさせられて辛かったんだよ~!」 恐らく覚えていないのだが、誰かに「この子は早くて1歳2ヶ月でやめたから…」と、話していたのを聞いて、朧げな記憶が蘇ったのか、急に恨み言を言い始めた。
そして、なんとニンタマまで時折吸い付くようになってしまった。

お風呂に入ると、ニンタマとプン助が、両方の乳にかぶりついて、やれ、そっちの乳がいい、そっちの乳を寄越せ!とケンカを始める。
「やめてよ!ままのオッパイのびちゃうでしょ!」 と、私も怒鳴る。
可愛らしい赤ちゃんに吸われて、母親も幸福感…と言う状態では決して無い。
歯もなくて口の中も柔らかい赤ちゃんとは全く違い、最早大人と同じような感じの口で、かぶりつかれるので、どちらかというと不快。
今は置物になったつもりでいよう・・・と、嵐が過ぎ去るのを待っている。

今になってみると、体質などで個人差はあるが、自分は1歳半くらいでやめるのがベストだったかもしれないと思う。
1歳2ヶ月の時は、まだまだスプリンクラーみたいに乳が噴射していたので、やめるのは自分の体的にも拷問のようにつらかったが、二人目のプン助の時1歳半になると、吸われなければ、湧いて困る…とう現象は収まっていた。
あの時点だったら、もっとストレスなく辞められただろう。
2歳を越えても飲み続けるコは執着も強く、親の体というより、子供の抵抗が強くなりそうだし。
もう、子供を産む事はないが、もし次がいたら、きっと一歳半で断乳という道を選んだだろう。 3歳過ぎてもダラダラ与えていたことで、そういう心境になったことは良かったような気もする。

だが、プン助がある日パタっと辞めたら、どうなのだろう。 清々するのか、寂しく思うのか、もしくはしんどい思いをして自分の乳をしおれさせたけれど、何か頑張った達成感を感じるのか。 それが分かるのがいつなのかわからないが、分かる日が楽しみだ。

|

買うべきか…というか私が買うのを我慢するべきか?

昨日、お友達がやっているバレエ教室ニンタマをバレエに連れて行き、私もついでにストレッチのレッスンを受けた。

ニンタマは去年からゆるゆるとやっているのだが、かなり気ままにやっているのに、少しずつ動きがバレエっぽくなって来た。
家では一切練習していないのだが、この時期の子供の吸収力は凄いなぁと、関心。

私のストレッチは楽な時間が一つもないまま、一時間を終えた。
遊んでいたインナーマッスルに刺激を入れまくった感じ?
気のせいか、この一時間だけで腹回りが少しすっきりしたような気がする。

帰りみち、普段ならパンやケーキなが大好きなニンタマなのだが、パンケーキ店を覗いただけで、
、「これはおかしじゃない!私は今、腹が減っているんだよ!甘いものじゃなくて飯を食わせろ!」
といつもと別人のような、不良のような口調。
余程、バレエでで疲れたようだ。

下北で外食。ニンタマはカルボナーラ。私はおじや。

その後、急いで家へ帰り、プン助を見ていた旦那さんが、稽古へ。

午後にはニンタマの友達3人で自転車遊びをすることになっていたので、近所の公園へ。

プン助がお姉ちゃんを真似て、ランバイクに乗りたがるので、ママチャリの前かごにランバイクを突っ込み、プン助を後ろに乗せ、ニンタマは自分の自転車に乗り、近所の公園へ。

ニンタマは急に背が伸びたので、車輪が小さく物凄い勢いで漕いでも中々前に進まず、フラフラしていた。
二輪車なのに、一輪車に乗っている人のように必死にバランスを取っている。
他のお友達は皆、もっと車輪が大きく、これは新らしいのを買ってやらないといけないかも…と思ったが、小さい車輪を一生懸命漕ぐ姿が、面白い上に、体幹が鍛えられそう。
しばらくこのままでも良いかもしれない。

お友達を追いかけてはランバイクにまたがっているプン助だったが、すぐに転んで起き上がれなくなるので、後ろをついて歩くと
「ついてこないで!」
と、怒る。
そのくせ、「後ろを押して」
と、要求したり。
あまりの寒さにもう一人のママと一緒に縄跳びをしていると、
「プン君も!」
と、ランバイクを乗り捨てて縄跳びを奪いに来た。

そして、やみくもにドスドス飛んだり跳ねたりしながら、縄を振り回す。
「あれで、飛んでいるつもりなのかな」
と、笑っていたら、突然
「もういい!」
と、縄跳びを投げ捨て、乗り捨てたランバイクへ。
イメージしていた縄跳びと自分のやっている行為のギャップに、プライドが傷ついたようだ。
久しぶりに思う存分駆け回って、遊んだ様子。

帰り道2、3分の道のりなのに、プン助は自転車の後部座席で寝てしまった。
ニンタマもかなり疲れたようで、
夕食準備をしている途中に寝てしまった。

今日、旦那さんとニンタマの自転車の車輪が小さい話しをして、
「自転車屋さんにスタンドを付けてもらいにいった時も
『もう、身長的に限界です』と、言われた」
と、旦那さん。
それを聞いて、
「もっと車輪が大きいのが欲しいなぁ・・・」
と、ニンタマが言い始めてしまう。
やばい・・・。
「今度はピンクがいいなぁ・・・」
とのこと。
今の自転車はプン助が乗れるように水色なのだ。
次に買うとしても、プン助が乗れるように黄色などにするつもりだった。
「〇ちゃんもピンクだし、▽ちゃんも赤だよ~!水色やだ~」
という気持ちは分かるが、一人一人に新しいのを買う余裕もない。
余裕があったとしても、多分おさがりを使わせると思う。

それにしても、ニンタマもここの所ずっと車輪が小さく、乗り辛いことには気づいていいたと思うのだが、絶対自分からは言わない。
周りから言われたり、こちらが買ってもいいかな・・・というタイミングに言って来る。

欲しい!と、大騒ぎしないで、控えめに言うので、買ってやりたくなってしまう。
う~ん、どうしよう。

かなり買いたくなってしまっている自分に困っている。

|

PAOのことでケンカ

「クリスティアーノ・ロナウドって、面白いくらいイケメンだよね。サッカー選手じゃなくても全然、モデルとか、俳優にいてもおかしくないよね」
サッカーに全く興味の無い私が、旦那さんにそう言うと 「いや、サッカーやってるから、イケメンになったんだよ!」 と、サッカー好きの旦那さん。

サッカーに興味の無い私が、ロナウドという人を知ったのは、「PAO」という口にくわえて顔を鍛える器具のCMに出ていたからだった。
「体を鍛えてる僕が唯一鍛えていない場所、それが顔だった」 みたいな事を言っているイケメンとして、認知したのだが、最近共通の会話が子供のことくらいしかないので、サッカー好きな旦那さんと子供のこと以外の会話をしてみようと思ったのだ。
「ロナウドは、そんな器具なんか使わなくたって、顔は鍛わってるよ!友香が一日に顔を動かしているのの何倍も試合中に、叫んだり身振りや顔を使って仲間に色々伝えてんだぜ!」 と、なぜかその器具をバカにするように言う旦那さん。
最近顔のたるみが気になって、一生けん命顔を動かしている私を引き合いに出して、ロナウドをあげる旦那さんに、カチンと来てしまう私。
こんな立派な選手、私を落としてまで褒めなくても世界中の誰もに褒められているであろうに。
なぜ、私がこっそり顔を動かしてトレーニングすることを揶揄したり引き合いに出す必要があるのだろうか・・・。
ひどく辱めを受けた気持ちになる。 旦那さんは、おそらくそんな情報でしかロナウドを知らない私に、ロナウドの偉大さを伝えたかったに違いない。
ただの世間話のつもりだったのに、私に腹を立てられ、思わぬ痛手をこうむってしまった。 「顔はね!どんなに動かしているつもりでも、目を閉じたり開けたりする時に眼輪筋をちゃんと使ている人は少ないんだよ!眉毛を上げる筋肉を使って、瞼を開けたり閉めたりするから、瞼の筋肉が落ちちゃって、眼瞼下垂って病気があるくらいなんだから!」
「いいや、こいつらは顔を全部使ってる!」
「いいや!瞼や額の筋肉や口輪筋や舌を動かす筋肉をちゃんと意識して使えている人は、あんまりいない!顔はちゃんと意識を持って動かさないと使ってない所があるんだよ!」
と、口論になる。

下らないことで口論になったことに凹んできて、 「じゃあ、もう、いいよ!」 と、吐き捨てるように言ってしまう。
もういいよ!と言いつつ、黙っていられず、 「確かに、結婚出産してから、私はあんまり友達とも会ってないし仕事だって黙々と一人でやることが多いし、時々親が来てくれてちゃんと人と話すと、顔が筋肉痛になるくらいだよ!子供とは、まだちゃんとした会話はあんまりできないし!私だって、こんな生活したくてしてる訳じゃない!」
と、感情的に涙ぐむ事態になってしまった。
旦那さんは、ムッとした様子だったが、面倒になったようで 「じゃあ、ごめんね!」 と、謝って来た。
顔がたるむ事態を怯えて日々、こっそり努力をしているのに、間に合わない感じがして怯えている気持ちを分かってほしいと言うのは無理なのはわかっている。
でもなぁ・・・。
ああ、PAOが欲しい。
でも、買って「高いわりにあんまりだったなぁ。やらないよりはマシ?って程度」 と、言っている自分も目に浮かぶのだった。

|

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき | 稽古日記 | 育児