« キラキラした目で挨拶なんかしてらんねぇ | トップページ

刺客として放たれた旦那さん

朝、目を覚まし、何故か現実とは違う世界にいた。


旦那さんが、何者かに私と子供らを殺すように指令を受けた…と言う事だけ、分かって、私はとても慌てていた。


旦那さんは、まだ指令を知らずに「うーん」などど言いながら眠っていた。

逃げなければ。目を覚ます前に子供らを連れて逃げなければ…と、物音を立てないように準備をしていると、私の母がやって来た。


子供らの顔を見たくて立ち寄ったと言う。

「ニンタマや〜!プン助や〜」

と、ハイテンションの母に

旦那さんの指令の件を説明しようとするが、中々理解してくれない。


旦那さんは屈強なので、戦士としては最強だろう。


殺そうと思ったら、私らなんて一溜まりもないだろう。


「うーん」

と、もぞもぞしている旦那さん。


やばい、目を覚ますまでに逃げなければならないのに。


でも、ハタと気付いた。


旦那さんは、そんな指令聞かないんじゃないだろうか?


普通に考えて、命令や仕事でも自分の奥さんや子供、殺すのは辛いはず。

そうだ。


指令を知ったとしても、ちゃんと考えて、そんな指令は聞かない筈だ。


そう思って、ちょっと安心したら目が覚めた。


「いや〜、めっちゃ怖かったよ。でも、ママわかったよ。これは物事をよく考えないで、なんでもかんでも怯えるなって言う事なのかな?って思ったよ」と、

ニンタマに得々と語ったのだが、

「あ、そう」


と、言う気のない返事。


「どうでもいいって思った?」

続けて、そう聞くと


「うん!」


と、力強く答えたニンタマ。


ニンタマは、「黒魔女さんが通る」を読んでいて、私の夢の話など煩くて仕方が無いと言う様子だった。

|

« キラキラした目で挨拶なんかしてらんねぇ | トップページ