« 迷えるカットマンへの道 | トップページ

良かれと思って勇み足…をして疲れました

一昨日、スマホの液晶画面が割れていることに気付いた。

ずっと、表面に張っている透明のカバーが割れているのだと思い込んでいたのだが、よく見ると、カバーの中にパキっとヒビが入っていた。

 

翌日、なんとなくヒビが前日よりも派手になっている気がした。

 

これはヤバイ。

 

ヒビの話をしたらガラスコーティングがいいらしいと、機器に詳しい人から知恵を授かった。

これは早々に、修理をしてコーティングとやらをやろうではないか。

 

しばらくバタバタしそうだったので、近所で修理や、コーティングをしている店をスマホで探す。

 

と、最寄の駅に一件ヒビを修理してくれる店発見。

 

だが、隣の駅には修理もコーティングも請け負っている店があった。

しかも、安い。

 

よし!ここにしよう。

 

今日の10時から開店しているらしい。

 

「もう、雨止むし、17時までは降らないから早めに言ってきた方がいいよ」

 

と、旦那さん。

 

と言うわけで11時に予約をした。

 

 

なんだかんだで、支度に手間取り、歩いて行くにはギリギリの時間になってしまった。

 

慌てて、出発。

 

霧雨だったが、直に止みそうだ。

 

よし、傘はいらんぞ。

 

早足で15分程歩いたあたりから、雨足が強くなってきた。

 

ん?強くなって来たな・・・。

でも、まあ、一時的なものかな。

 

歩くこと数分。

 

あれ?どんどん強くなってきたな。

 

ズボンの腿の所が冷たくなってきた。

 

やばい、パーカーもびしょびしょ。

 

目当てのビルにつくまでにすっかりずぶ濡れ。

 

まあ、いいや。修理やコーティングをしてもらっている間に乾くでしょ。

 

お店は、思ったより小さく、店というより、マンションの一室みたいだった。

インターフォンを鳴らそうとすると、ドアに張ってあった注意書きが目に入る。

 

「インターフォンは馴らさずに、そのままドアをガチャっと開けてお入りください」

 

え?いいの?ガチャって入って・・・。

 

戸惑いながら、ドアを開けようとするが、あかない。

 

あれ?鍵かかってる?

 

営業時間なのに、鍵かかってる?

 

予約の時間になるまで、あと1分だが、予約時間になるまで鍵は開かないのだろうか・・・。

 

 

 

「今日、定休日ですよ」

 

と、いきなり背後から声がした。

 

ビルに出入りしているらしい配達のお兄さんだった。

 

「え?今日予約したんですけど!」

 

と、慌ててメールをチェックしたら、最短で当日に入れらたと思い込んでいた予約は、明日の日付だった。

 

こんなに濡れながら一生懸命やってきたのに・・・。

 

仕方がない。

明日、出直すか・・・。

いや、明日は午後からだが、学校の保護者会があり、私はそこで、前年度のクラス委員として司会進行をして、今年度の役員決めをしなければならない。

 

どちらかというと苦手な仕事が待ち受けている日の11時という微妙な時間に、どのくらい時間がかかるか、よくわからない用事を入れるのは、よろしくない。

 

明日の予約はキャンセルせねば・・・。

 

では、いつ予約できるだろう。

 

だが、ここ当分は予定が詰まっていて無理そうだった。

その間に、液晶画面のヒビが進行してしまったらどうしよう・・・。

 

考えながら、街を彷徨う。

 

この駅には、予約した店の他にも画面の修理をしてくれる店はあったはずだ。

 

ファッションビルの一角に、スマホの修理店を見つけたので、そこへ行くことにした。

画面の修理が、5900円程で、先ほどの店よりも、少し高いしコーティングはやっていない。

 

だが、時間は金より高い。

 

出直して先の日の予定を塞ぐより、多少高くても今日直してしまおうと、目当ての店へ行く。

 

だが、値段が5900円というのは最低料金で、スマホでスワイプしたり、文字を打ったりするのにストレスない画面にするには、12000円以上かかるとのことだった。

 

え?そんなに高いの?

 

ショックを受ける。

 

だが、文字を打つたびに反応しない!と、苛々いするようなことになったら、それはそれでお仕事にも支障を来してしまう。

 

仕方がない、

 

12000円の方にするか・・・。

 

ショックを引きずりながら、時間をつぶすにもスマホもないので、近辺の店で雑貨や、タオルやら、書籍やらを物色する。

 

ただでさえ予定外の散財をするハメになったのだから、絶対何も買うモノか・・・と、思えば思うほど、色々欲しくなってしまうのだった。

 

40分後、スマホを取りに戻る。

 

結局、別の日に出直すのも面倒ということで、コーティングは諦め、この場で、2000円程余計に払って、透明カバーを張って貰った。

 

 

ヒビだらけでみすぼらしいスマホは、見違えるようにキレイになった。

 

でも、色々負けたような、敗北感でいっぱい。

 

 

 

|

« 迷えるカットマンへの道 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 迷えるカットマンへの道 | トップページ