« 皮膚科&ダンスレッスン | トップページ | 琵琶湖で泳ぐぜ »

いざ、滋賀へ!

滋賀へ移動。

私とニンタマとプン助の3人で旦那さんの実家の滋賀へ帰省。

旦那さんは8月11日~13日から學蘭歌劇『帝一の國』のライヴ、大海帝祭の本番に出演するため、一人だけ東京に残る。

最近、プン助は大分日本語が通じるようになったので、少しは楽かと思いきや、新幹線移動はやはり、大変だった。

奇声は発するし、ホームでもすぐどこかにいなくなる、椅子の上に立ち上がって前の席を覗き込み、時には前の人の頭を触る。

全く気が抜けない。

私の注意はそよ風のように無視される。

ニンタマは乗り物酔いをするから寝ると言って、アイマスクを持参していたのだが、そのアイマスクを羨ましくなったプン助が、ニンタマからアイマスクを奪い取ろうとして大騒ぎ。

ニンタマが

「じゃあもういいよ!」

と、あきらめてプン助に譲ったので、私は苦肉の策で、自分のアームカヴァーを右腕と左腕を結んでつなげ(全く役に立たない代物だったが)、

「これを目の上に載せたら?」

と、渡してみた。

だが、プン助は

「これもプン君の!」

と、奪い取ってしまう。

そして、そのアームカヴァーをアイマスクの上に乗せては、

「すぐに落ちる!ちゃんと結んで!」

と、そこまで怒る必要があるのかというほど、激昂…!

アームカヴァーは目の上に乗せるものではないので、、すぐに落ちるし、つなぎ合わせても後ろで結べるほどの長さもない。落ちるのは当たり前なのだ。

何度結びなおしても落ちてしまい、無駄に自分の仕事を増やしてしまっただけの結果になった。

その後、ニンタマが寒いというので、私のシャツを貸すと、

「プン君も寒い!」

と、それを奪い取る

「プン君は自分の長そであるじゃない」

と、出してやってもそれを通路に放り投げてしまう

私がもう一枚、カーディガンを出しても、

「これもプン君の!」

と、一人でシャツとカーディガンを体にまきつけてミノムシみたいになっている。

結局ニンタマも

「もう寝ない!」と宣言。

ずっと喧嘩をしているかと思ったら、急にげらげら笑い合ったり、うるさくて仕方がない。

私の方が眠くなってウトウトすると、

「ニンタマが押した!」 「プンが蹴った!」

と、私を揺さぶって起こしてくる。

眠い時に起こされると、激昂してしまう癖がある私は、ずっと怒鳴りっぱなし。

近くにやはり、3人の子連れのお母さんがいて、ずっと子供に怒鳴っているのが聞こえて来て、その車両の中でうるさいのはウチだけじゃないと、少し安心する。

その親子連れは名古屋で降りたのだが、通路を通る際、お母さんが私を見て、微笑んで会釈をして行った。向こうも同じ気持ちだったようだ。

隣に座っていた気難しそうなおじさんに、京都駅で降りる間際、「お騒がせしてすみません」と、謝ったら、

「グッドラック」

という感じに手を振ってくれた。

 

 

 

|

« 皮膚科&ダンスレッスン | トップページ | 琵琶湖で泳ぐぜ »

育児」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308618/72270256

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、滋賀へ!:

« 皮膚科&ダンスレッスン | トップページ | 琵琶湖で泳ぐぜ »