« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

悲しみのクリスマス

12月半ばに、プン助が水疱瘡になった。
急遽、滋賀からおばあちゃんに来てもらい、仕事を乗り切ることにした。
予防接種を打っていたので、異様に元気なプン助。 おばあちゃんが遊びに来た上に、保育園を休んでいいと大喜び。
おばあちゃんはいつも北の部屋で寝ているのだが、ニンタマはいつからか、その部屋を自分の部屋だと思うようになっていて、おばあちゃんが来たのをいい機会に、親と離れてそっちの部屋で寝ると言い始めた。
すると、プン助まで、「ぼくも!」と、北の部屋で寝ると言い始めた。
いつも6畳の和室で家族四人折り重なるように寝ていたので、こちらも久々に体を伸ばして熟睡。 おばあちゃんがニンタマとプン助のせいで眠れないのでは?と、申し訳なく思いつつも、開放感も味わっていた。
 
たまには子供と離れて眠るのもいいものだ・・・と、思っていた。
おばあちゃんが帰ったら、また4人で一緒に眠ることになる。
それまで、充実した睡眠を堪能しよう。
だが、おばあちゃんが帰ってしまっても、ニンタマは北の部屋で寝ると言い始めた。
クリスマスとか、ママのお誕生日とか特別な時は、親と一緒に寝てあげるから・・・などと言っている。
「え?でもあっちの部屋寒いよ?布団かけたあげたり、できないと心配」 などと、子供の心配をしているふりをしつつ、引き止めたくなっている自分に驚く。
いつかは、離れて眠ることになると思っていたが、こんなに早く親から離れてしまうとは・・・。
日常生活では、子供の料理や世話に追われヘトヘトだが、寝ている時は本当に安心して、可愛いと思っていた。
こっちが離れて寝たいと思うことはあっても、まだまだ子供達は親と一緒に寝たいと思ってくれるものだと思っていた。
子供が安心して親から離れて行くのはいいことだ。
そうでなきゃならないと分かっている。
喜ばしいことだと思いたいのだが、複雑。
なんだか、失恋したみたいにダメージを喰らっている。 いつでも触りたい放題だったムチムチした子供ら・・・。 もう、触りたい放題じゃなくなってしまうのか・・・。
もう少し、猶予が欲しかった。
私の方が子供のように落ち込んでいる。
 
しかし、何故か離れて寝るのに、寝かしつけはしなければならないらしい。
プン助にいたっては「お姉ちゃんと大人に挟まれてないと僕眠れない~」 などと、言って寝かしつけにいくと、相変わらずおっぱいを飲んでいる。
そして、私がそっちの部屋へ向って一緒に寝るのは別に構わないらしい。
なんだか、よくわからない。
面倒な上に、寂しくて、割に合わない気持ちのクリスマス。

|

ムスコの下事情

うちの子ブタこと3歳の息子は、決して自分からトイレとは言わない。
足をばたつかせて様子がおかしいので、
「そろそろおしっこでしょ!」
と、言っても
「ウンチだよ~!」
と、言っておしっこをする。
「おしっこじゃない」
というと、
「ここからでたウンチでした!ママ、間違っちゃったの~?」
などと言う。
もうどうでもいいので、
「おちんちんから出るウンチしよっか!」
と言うと、
「ウンチじゃないよ~!ママ間違えちゃったね」
となる。

漏らしても、
「ママがトイレ行こうって言わないから!」
と、私のせいになり怒られる。

ところが、今日はめずらしく上を向いて歩こうのメロディーにのせて「おし~こぉぉぉ~、おしぃぃ~っこ」などと、トイレに向っていた。

いつもこぼされるのが嫌で、つい脱がせてあげるのだが、やはり自分で脱がせないと…と、自分でやらせたら、便座に座りながら発射したので、便座やら床やらがおしっこまみれになった。
子ブタの手もおしっこまみれ。
すると、子ブタは自分の手についたおしっこを、自分の服や私の服になすりつけた。
「やだ~!汚い~、やめて~~」
と、言うと嬉しそうにニヤニヤしやがる。

「もう~!誰よ!汚い人は誰ですか?!」
と、言うと
「ママ~~~!!」
と、得意顔。
まあ、確かに私もなすりつけられたから汚い。それは当たっているのだが、オメーも汚ねーんだぞ!
と、ぶつくさ言っていると、またプリケツを振って歌いながら去って行った。

|

シマウマのお嫁さん

プン助は動物が好きらしく、カバ、ゾウ、ワニ、ライオンが特にお気に入りな様子。

最近では、恐竜も好きになり、「ヴェロキラプトル」の画像を出してくれなどと、親も知らない恐竜について調べさせられたりする。

ある時、姉のニンタマと結婚について話していた。
「ニンタマはねぇ、結婚なんかしないよ。だって、好きなことできなくて面倒くさそう」
ニンタマの6歳にしては夢のない発言にぎょっとしつつも、
「あら~?でも○○君が好きって言ってたじゃない。○○君が結婚したいって言ってくれても、しないの?」
と、言ってみると、悩んだ顔をして
「う~ん、だったらしてもいいんだけど」
などと、顔を赤らめるニンタマ。

そのそばでずっとティラノサウルスの真似をしていたプン助に、
「プンちゃんは、誰が好き?誰と結婚したい?」
と、聞いてみた。
すると、プン助はガオガオ叫ぶのをやめ、
「シマウマ!」
と、答えた。

「シマウマ?」

こちらとしては、保育園おお友達の名前とか、お姉ちゃんとか、はたまたママ!なんて言われちゃったら、どうしよう…などと、思っていたのだが・・・シマウマとは…。

質問の意味を聞き間違えたのかも?と

「え?ママ、誰と結婚したいって聞いたんだよ?」

と、聞きなおしてみたが、

「オレ、シマウマと結婚するんだ」

と、一転の曇りもない瞳で言い放つプン助。

「え?だってあなた、今までシマウマ好きなんていったことないじゃない。ゾウとかワニが好きだって。え、シマウマ好きなの?」
「好きじゃない!」
「でも、シマウマと結婚するの?」
「シマウマと結婚する」

恐竜や、ゾウやカバやワニと結婚したいというのなら、理解できるのだが、好きでもないシマウマと結婚したいって、結婚と恋愛は別って奴なのだろうか?いやいや、さすがにまだ3才だし・・・。
頭がぐるぐるしてくる。

「そうなんだ~、素敵だね。でもね、このおうちでは犬も飼っちゃだめみたいだから、お嫁さんになってくれてもこの家に呼べないね~。それに、お隣に住む人もシマウマがいたらびっくりするから、シマウマが住めるような広くて、お隣さんも遠いところに家を建てないとね」
と、遠まわしに賛成ではないことを伝えてみたのだが、さっぱり通じていないようだった。

それからも「シマウマと結婚したら、プンちゃんの子供は縞模様になるんだね」と、言ってみたり、
お姉ちゃんをなぐりつけたりした時に、「そんなことするようじゃ、シマウマに好きなってもらえないよ!」と、言ってみたり、「シマウマはたくさん草を食べるから、プンちゃんは一日中草を探してあげないといけないね」「シマウマは、怒りっぽいみたいだからそんなことしたら、すぐ蹴られちゃうよ!」と、言ってみたりしているが、気持ちはますます強固になっているようで、
それから数ヶ月経っても「シマウマと結婚する」と、言い続けている。

「なんでシマウマと結婚したいの?」
という質問に答えてくれたことはない。

もしかすると、私が暗に反対だといい続けているのを感じていて、ますますシマウマへと結婚する気持ちが強くなっているのかもしれない。

これから、しばらくシマウマの話題をするのをやめてみよう…と、思いつつ、我慢できずについついシマウマのことを聞いてしまうのだった。

|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »