« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

主人と呼べる女

朝一番で歯科検診を受けた。

3ヶ月に一度検診を受けていたのだが、ついつい面倒で半年以上空いてしまった。

案の定数カ所、歯周ポケットが深くなっていた。

以前から、

「歯がすり減っています。歯ぎしりしているようですね」

と、言われていたが、自覚症状はなかった。

だが、今回「寝ている時だけではなく、重いものを持ったりする時にも人は無意識に歯を噛み締め
たりします」

と、言われた。

重いものは毎日持っている。

というわけでこれ以上歯がすり減るのを防ぐ為に、睡眠時にマウスピースを使用する
ことになった。

受付の女性に

「8月2日ならいつでも予約がいれられます」

と、言われたが、8月1日から8日までは旦那さんの実家の滋賀へ行く事になってい
た。

「あ、しばらく東京いないんで…」

と、言うと

「ご旅行ですか?」

と、聞かれた。

「旅行…というか…お…」

と、言いかけて、軽く魔が差した。

今まで、旦那さんのことは他人には

「夫が…」

と、話していた。それも、毎回なんて呼ぶか迷いながらでしっくり来ている訳ではない。

私のことも旦那さんのことも両方知っている人には普通にあだ名や名字に君づけで話していたが、世間的には「主人」というのが一般的。

若くとんがっていた時には、

「死んでも主人なんて言いたくない」

と、思っていた。
だが、最近40台で落ち着いている素敵な女性が自然に「主人が…」
と、話している姿を見て、それはそれで素敵…と思うようにもなった。

誰が目上で誰が目下…などと目くじらを立てない方が、したたかで賢い生き方よね…と思ったり。

だからと言って、いきなり自分が旦那さんの事を「主人」と、呼ぶのは、貧乏人の癖に金持ちぶっている様なそぐわない感じがあって、恥ずかしい。

自意識過剰だが、普段の自分を知っている人の前では恥ずかしくて絶対に言えない。

普段何の疑問もなく、「主人が…」と使っている人に取っては「夫が…」と言う方が、世間的に恥ずかしいのかもしれないけれど、「主人が」と、話すのは私にとって一人称を「拙者が…」「あちきが…」と、言うのと同じくらい、違和感があるのだった。

それが、歯医者という日常とはあまり接点の無い場所に来て、ちょっとだけ試してみたくなったのだった。

さり気なく「主人が…」と、言ってみたら、私も憎みつつ憧れている、自然に主人と言える「あっち側」の女性に見えるかもしれない…。(おそらく100%何とも思われないのだけれど)

「旅行というか…お…」

と、言いかけて1、2秒の間に様々な考えが頭を駆った。

「しゅ…主人の実家へ行くんです~」

「あら、どちらに?」

「滋賀です」

「じゃ~、結構遠いんですね~」

「そうなんですよ~」

決心して、どもりながらも「主人」と、言った後、会話がさらさらと流れた。

たった、これだけで脇汗がびっしょり。

受付の女性にとってはどうでもいいやりとりの中、勝手に冒険し、どもって微妙に失敗し、でも、ちょっとした達成感を味わった。


自然に「主人…」と、話せる女性には永遠になれないけれど、これからも時々やってみよう。

今度の予防接種では保護者の欄に自分の名前では無く、旦那さんの名前を書いてやるぞ。


ごっこ遊びのように楽しみながら、少しずつ社会性とやらも身につけたい。

何て呼ぶかとか、誰の名前を書くか…って大事だけれど、大した事ではないと言えば、大したことではない。

|

バレエか…

ニンタマの習い事の英語をどうしようかと、悩みつつ一ヶ月が経った。
楽しそうに参加していて安心した時もあったが、その翌週はレッスン中、地を這うような低い小さな声しか出さず、泣き出した。
いよいよやめさせようと、先生にも話した。
そして昨日は、最後のレッスンのつもりで参加した。
ところが、いつもより積極的で楽しそう。
先生にも
「楽しそうじゃないですか?続けたら?」
と、言われてしまう。
帰りに
「楽しかったの?」
と、聞くと
「楽しかった」
と言うではないか。
「じゃあ、もうちょっとやってみる?やめなくてもいいんだよ?」
と、言うと首を振り、
「やめる。バレエがやりたい」
と、険しい顔。

英語がいやというより、バレエがやりたいらしい。

バレエか…。

私や旦那さんの都合のよい時間帯に連れて行ける教室があればよいのだが…。

そんな時、土曜日の午後にも通えるダンススクールの情報をママ友からゲットした。

「バレエじゃないけど、ダンスやってみる?」
「ダンス?」
「そう、ダンス。踊るの」
そう水を向けると、ニンタマはしばらく考え込んでいた。
「うーん、ダンスはいいや。バレエがやりたい」

今の所、バレエに対する意思は固そうだ。

しかし、ニンタマは一体バレエの何を知っているのだろう?
観にいったこともないのに。

目にしたとしたら、数年前私が出演していたバレリーナの物語の温いミュージカルのDVDだけだ。

それにしたって、素人が必死でバレエもどきをやっているシーンがあるだけで、バレエの素敵さが伝わる類のものではない。

確かに私は時々
「バレエって素敵ね」
と、言っていたかもしれないが…。

保育園で乱暴な男の子がいる話になったときに
「じゃあ、空手やったら?そんな子に負けなくなるよ」
と、言ってみても
「空手か・・・。やっぱりバレエがいいや」
と、気持ちはすっかりバレエに行っている様子。

英語ですっかり疲れ果てていたので、やめたからと言ってすぐバレエをやれると思っていることにも腹が立ち、
「英語やめたからってバレエやれるわけじゃないからね」
と、意地悪く言ってみた。
だが、気にする様子もなく「バレエバレエ」言い続けている。

旦那さんに話してみると、
「どうせバレエのことなんてわからないから、バレエだよって言って、土曜日に連れて行けるダンスに連れて行けば?」
と、言っていた。
なるほど。
それはいいかもしれない。

私も小さい時にずっとバレエをやりたいと思っていたが、やらせてもらえなかった。
幼稚園でお遊戯などがダントツで下手だったので、向いていないと思われたのだ。
でも、バレエをやっていたという人は皆姿勢がよいし、なんとなく美人に見える気がする。
向いていなかったけれど、雰囲気美人になるためだけでもやりたかった。
だから、子供が生まれたらバレエをやらせたいと、ずっと思っていたのは確かだった。

ただ、実際その時期になってくると、仕事に支障を来たさない時間帯で近場に教室があるかっていうのが、最重要だったりする。
しかもバレエは親の負担が半端なさそうなイメージ。
万が一、バレリーナになりたいなどと言い出されたら、うちの経済状態では無理だ。
発表会やらチケットさばきも大変そう。

自分も無理せず、ニンタマも楽しめる道をいろいろ模索してみなければ。

|

親として試されている?

先日、保育園の検査でニンタマが鼻炎と診断され、耳鼻科を受診。
処方箋薬局で薬を待っていると、ニンタマが薬局の隅に設けられたおもちゃコーナーで遊び始めた。そこは、マットがしいてあり、靴を脱いであがらなければならない。
まもなく、別の親子もやってきた。抱っこの赤ちゃんと、小学生低学年位の男の子。
男の子も母親に
「俺、電車で遊びたい」
と、おもちゃコーナーへ土足のまま上がりこんできた。
「あれ?」
と、思ったものの、薬局の人もその子の母親も気づいていないのか、注意しない。どきどきしながら見ていると、ニンタマが
「ここ、靴であがっちゃいけないんだよ」
と、注意した。
え?ニンタマ?

普段は恥ずかしがりで、まとも挨拶もできない引っ込み思案のニンタマがいきなり年上の男の子に注意をするなんて・・・。
考えてみると、ニンタマや時々、大胆不敵なときがある。

ブランコで順番待ちしている時など、
「乗りたいのに代わってくれない」
と、大声で言い
「1、2、3、4・・・」
などと嫌がらせのように数え始めたり。
そして、やはり、公園で遊具で遊びながら
「俺、こんなことできるんだよ、凄い?」
などと自慢がましいことを言っている子供に
「ぜんぜんすごくない」
と、言い放ったり。

普段は気が弱いのだが、人に注意したり、調子に乗っている人間の鼻をへし折りたい願望は強い子なのかもしれない。

注意をされた男の子はニンタマを振り返り、ニヤっと笑い、再び土足で上がりこんで遊び続けた。

「ママ!いけないんだよね!」
と、なおも私に訴えるニンタマ。

参ったな・・・。

立派な大人なら、こういうとき、自分の子供じゃなくても
「駄目だよ。ここに靴脱いでって書いてあるでしょ」
などと、言うものなのだろう。

だが、私はそんなことにエネルギーを費やすと、へとへとになってしまう気弱な大人。
お店の人か、その子の親が注意してくれないかなと、見回すが、親は携帯をいじっているし、薬剤師さんたちは皆忙しそう。

試されている。
きっと今、私はニンタマに大人として立派な振る舞いをできるかどうか試されているのだ・・・。
そう思うものの、正直面倒くさい。

勇気を振り絞って注意したとする。

その子の母親も私が注意したら、さすがに気づくだろう。

そして、わが子を注意したり、私に謝ったりするかもしれない。だが、決してよい気分にはならない。子連れで病院にいって、人に文句をつけられて謝らせられたと、疲れに拍車をかけるだけだ。
もしくは、逆ギレされるかもしれない。
「ほら、このおばちゃんが怒ってるから、やめなさい!」
などと、言われてしまう可能性も高い。
おそらく、その子供は公共の場でルール違反をする常習犯だ。そんな場合、母親はいちいち注意していたら、疲れ果ててしまう。携帯を見たり、気づいていないふりで、やり過ごしているような気もする。

だが、ニンタマは私に注意をしてほしがっている。今、注意しないと、
「あれ?この親は私にばかりガミガミ注意するけど、他には言えないんだ・・・」
と、思うに違いない。
そういう積み重ねで、親としての信用を失うような気がする。

子供にいい顔を見せたいがために、ぜんぜんしたくもない注意をするべきか、しばらく悩んでいると、名前を呼ばれた。

薬を受け取って店を出た。

後から
「あれは本当はいけないね。お靴で上ったらばっちいもんね。ニンタマはああいうことしないでね」
と、言うと
「そうだよね、汚いよね~!」
と、嬉しそうだった。
「ニンタマはママにあの子、注意してほしかったの?」
と、聞くと頷いていた。

もしかすると、ただ注意したのに聞いてもらえなかったから、味方をしてほしかっただけかもしれない。
もしくは悪いことをした人に注意した自分をほめてもらいたいと思っていたのかもしれない。
プン助が何かを投げたり壊すとすぐつげ口してくるし。

まあ、油断のできない年ごろになってきたのは確かだ。

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »