« 収納アドバイザーになりたい | トップページ | おっぱいは出せないよ »

10年ぶりのエチュード

久しぶりにワークショップに参加した。
役者としてエチュードなどするの10年ぶりくらい。
緊張した。
演出や脚本をやっていたせいなのか、なまっているからか、そこにいる人に中々なれず、自分のことも傍観してしまって、変な感じだった。
でも、40過ぎて恥をかける機会があるのは良かった。
たまたま若い男の子にくどかれる設定で、相手に申し訳ない気持ちでいっぱいに。
何故か、おばさん度全開芝居をしてしまう。
そして、
「ほら、おばちゃんに話してごらん」
とか、私生活では絶対に言わないセリフまで言ってしまった。
つい、その枠にしか存在意義がない気持ちになってしまう。
根っから卑屈な性分なのだなぁと再認識した。

|

« 収納アドバイザーになりたい | トップページ | おっぱいは出せないよ »