« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

30週の検診

出産するY助産院の提携しているT産婦人科での、検診。
2週間程前に不穏な腹痛があり、タクシーで、助産院に行ったのだが、その時には破水や異常は見られなかった。

提携している病院は遠く、常に混んでいるので今まで通っていた病院か近所の婦人科で見て貰った方がいいと、言われていた。
自分なりに膀胱炎ではないかと見当をつけたのだが、免疫が弱り何かに感染している可能性もあるのでは?と、その後、近所の産婦人科へ行った。

だが、こちらで出産するのでないならば、尿検査のみで内診は出来ないと言われてしまう。結果何かに感染しているかは分からないけれど、膀胱炎という予想は当たっていた。
薬を出されて、飲んでいたものの、はかばかしい回復は見られなかった。
今日の検診で膀胱炎やその他の不安点も見てもらおうと思っていた。
府中のT産婦人科で8時半から並び、受付を済ませたものの、やはり3時間待ち。
あらかじめ、見てもらいたいことは受付で渡す書類に書き込んでいた。

血液検査や尿検査などを経て、やっと順番が来た。
特に異常は無いし、赤ちゃんも順調と言われ助産師外来へ回された。
その際、何か不安点は?と、膀胱炎の話や感染症の心配の話をした。
私としては書類に書いているから、そこを診てくれたものと思っていたが、助産師さんが、「先生に聞いてみます」と、やや顔色を変えていた。

「診てみたけれど、異常は無いそうです」
助産師さんが、そう言いながら戻って来て、「膀胱炎は今、診てもらっている病院で、直してもらうといいわよ」
と、付け加えた。

ん?これって、膀胱炎のことは調べてないということではないだろうか?
妊婦検診に必要な蛋白などは調べたけれど、白血球などは診ないまま、尿を捨ててしまったということではないだろうか?

だが、3時間も待って、疲れ果てていてそれ以上粘る気持ちにはなれなかった。
近所の婦人科にしたって、内診はしてくれない。
こんな遠くて混んでいる病院に通うと疲れ果てて、一日仕事をふいにしてしまう。どうしたものか。
しかも、ここの医師は会った瞬間に、苦手意識を感じるタイプだった。
助産院のことを名前で呼び捨てにしていたからかもしれない。
助産院は提携する病院が無いと開業できないという。
どこか、病院側は助産院を下に見ているように感じた。助産院がいいとか病院がいいという問題ではなく、人を下に見るような人が苦手。
どうか、ここに搬送されることなく、Y助産院で出産できるように…と、改めて思った。
でも、助産師さんはとても感じが良かった。たいがい、出産で関わるのは助産師だ。
医者は異常が起きた時しか関係ない。
異常が無ければ、良いのだけど。

|

悪夢?

最近、ニンタマが起きる前、寝た後など、隙を見て運動をすることにしている。
マタニティスロートレーニングというDVDにハマっている。
スレンダーなインストラクターの周りに沢山の妊婦が群がって、エクササイズをしている代物だ。
他にも綺麗になるバランスボールや、ヨガ、カーヴィダンス、バレトンのDVDをポチって購入。
だが、意外なことに妊婦用のスロートレーニングが一番ハード。
普通の人なら大したことない運動量かもしれないが、ハイレグジーザスが解散して以来まともな運動をしないで来た。
ロリータ男爵に客演してバレエを踊るミュージカルに参加した時も、股関節を痛め自分の体のポンコツぶりを思い知った。
だがニンタマを出産、子育てして実感した。子育てをしていたら、体力がつくというのは間違いだ。
子育ては体力を消耗するばかりで、体はボロボロになった。
二人目が生まれるなら、先手を打って、体を鍛えた方がいい。
最初は散歩などから地道に始めたが、どうも性に合わないことが分かった。
散歩に出ると、辛くても頑張って歩いてしまい、却ってぐったりしたり寝込んだりしてしまう。
しかも初めのうちは「自然や町並みをのんびり眺めるのってすばらしい」と、自分を騙して、楽しんでいたのだが、段々苦痛になってきた。
ふと、以前買ったバランスボールのエクササイズのDVDを試してみると、毎日パソコンに向かっていて持病に鳴りつつある肩こりもスッキリ!
これはいい!
と、マタニティー向けのエクササイズのDVDの口コミを調べて、スロートレーニングを始めた。腹がでかい人達がわらわらと、うすら笑いを浮かべてトレーニングに励んでいる様も面白かったが、初めはヘトヘトになった。
だが、いつの間にか物足りないとまで思うようになった。

散歩より断然良いのは時間が取られないし、ニンタマが寝ている隙に出来る。しかも、DVDにはある程度強制力があるし。一人で黙々と鍛えるよりも退屈せずにやれる。
しんどくなったら、すぐ休めるから安心でもある。
散歩だと家から遠くまで来てしまっていたりすると、辛くても歩いて帰らなければならない。
前回は腰が痛くなったり、足の浮腫みや体重増加が酷くて、飢え死にしそうな程食べるのを我慢したりしていた。
だが、今回は今の所、腰痛も浮腫みも大した事にはならず、体重増加はするものの飢え死にするほど我慢はしていない。
そして、妊婦向けではないDVDにも手を出し始めた。
このまま臨月まで続けられると良いのだが。

出産したら、さすがに一ヶ月は安静にしなければならない。今、いかに体力を貯金するかが、その後の子育て生活のネックになる気がする。
体力さえあれば、大体のことは乗り切れる。
ついストイックになって、オーバーワークになってしまい体を壊す癖があるので、それに気をつけて、運動を続けて行きたいものだ。
昨日、食事の最中に眠ってしまったニンタマの傍でカーヴィダンスを踊っていたのだが、目を覚ましたニンタマは悪夢を見たかのように泣き始め、指をしゃぶって再び寝てしまった。喜んで一緒に踊るかと思っていたのだが、当てが外れたようだ。

|

初恋気分

旦那さんに、
「男の子生まれたら、友香ちゃんはメロメロになるんだろうね」
と、言われた。
旦那さんはニンタマ(娘)といると初恋気分を思い出すらしい。
「そうなりたいもんだよ」
と、言うと、
「なるよ。それで俺を蔑ろにしそう」
とニヤニヤしている。
「じゃあ、自分はニンタマ生まれて私を蔑ろにしてるの?」と聞くと
「してないだろ!大事にしてるじゃん」と、心外な様子。
「うん、気を遣ってくれてるのは解るよ。あ、今俺ニンタマしか見てなかった、しまった!って顔して、慌てて私に声かけたりしてるもんね〜」
と、からかうと、バレてたのか・・・と言う顔をして決まり悪そうだった。
「ほら、俺は気を遣ってるけど、そっちは露骨に気を遣うのも忘れそうって言ってんの」
と、口をとがらせていた。
正直なのはいいけど、そこは一応
「そんなことないよ〜」って言うのが正解じゃないかしらん。

|

子育てで久々に泣く

今日は旦那さんが夜稽古。
昨日に引き続き、今日も二人きり。
しかも今日は保育園へのお迎えがちょっと遅くなってしまった。
迎えに行った時から、ちょっと様子がおかしかった。
靴下も靴も「履けない〜」と、愚図って甘えていた。
マンションに付き、エレベーターに乗ろうとしたら、エレベータ−のボタンを押したがっていた。
だが、後から乗ろうとしていた人がいたので、その人 を待つことにした。
他の人がいるのに、ニンタマのペースでゆっくりボタンを押したりはしていられない。
さっさとボタンを押したら、
「押したかった〜〜〜!」
と、号泣。
なんとか、エレベータから引きずり出して、
「お家のドアのピンポン押そう」
と、提案してみるも、首を横に振る。
かと言って、家にも入らない。仕方なく、もう一度エレベーターに戻り、抱っこしてボタンを押させ、一度一階まで降りた。
そして、再び登り直し、ドアのインターホンも抱っこして押させた。来週から妊娠8ヶ月。
いい加減に抱っこは苦しい。
しかし、禁断症状のようにせがみ、号泣するので、根負けしてしまう
部屋に入り、靴を脱いだり、手を洗ったりの度に波瀾がおきつつも何とか、食卓まで辿りついた。
私もお腹がぺこぺこだった。だが、ニンタマが
「食びさして〜」
と、甘えて来た。
寂しいのかと、一口食べさせてから、自分もご飯を口に入れると、
「食びさせて〜食びさせて〜」
と、叫び始めた。
ニンタマの口の中にはまだ咀嚼されていないご飯が沢山入っている。
「まだ入ってるじゃない」
と、私が自分のご飯を食べると
「食びさして〜」
と、泣き始めた。
私も急に怒りのスイッチが入ってしまった。
「何?ママはお腹ぺこぺこでも、一口も食べないでニンタマに食べさせなきゃいけないの?!」
「食びさして〜!」
というやり取りが続き、ニンタマは顔をまだらに真っ赤にして号泣。
私はわざとニンタマが避けて食べないものを無理矢理口に入れようとして、余計泣かせてしまう。
 なんとか自力で食べてくれるようになったので、食後は気を取り直して楽しく遊ぶ様にした。しばらく一緒に歌ったり、お絵描きをしたりしていると、
「お腹痛い〜」
と、泣き始めた。トイレに連れて行って、10分程便座に座らせたが、
「出ない〜」
と、へらへら遊び始めた。
再び30分ほど一緒に遊ぶ。その後、風呂に誘うが
「入んない!」
と、ニヤニヤしている。
「じゃあ、ママだけ入るよ〜」
と、私がすっぽんぽんになり、脱衣所へ行くと、追いかけて来た。やっと一緒に風呂に入れると思ったら、
「お腹痛い〜」
と、始まった。全裸で寒かったが、再びニンタマをトイレへ。
ニンタマは
「お尻が痛い〜」
と、号泣。
不憫になるが、出る気配は無い。
そのまま30分は過ぎた。ニンタマはぐったりしている。寝ているのかと、思って抱き上げると凄い力で「動くでない」と、いう感じに私を押さえつける。
ニンタマも心配だが、全裸のままの私もお腹が冷えて来た。
お腹の中で「ズズッ」と、変な動きを感じる。
とりあえず服を着なければ。
抱き上げると泣き始めたニンタマにオムツを履かせて、寝床へ連れて行く。私もバスローブを羽織り、一緒に布団を被る。
だが、先ほどまで便座の上で寝ていたニンタマが、今度は一向に寝ない。布団をかけてもかけても蹴飛ばす。
蹴飛ばさないように、上から押さえていると号泣。
諦めて、放って置くことにした。
30分程経つと、静かになったので体に触ると、かなり冷えていた。その後布団をかけると、もう剥ぐ事はなかった。
その後、冷めた風呂に一人で入った。便秘で苦しいニンタマが不憫だったが、私も疲れてしまって、ちょっと泣いた。

|

急に二人きり

昨日しばらく滞在してい母が帰る。
夜には旦那さんはお芝居を観に行った。今まで賑やかだったのに、急に私と二人になるので、寂しがってニンタマが荒れるの では?と、心配だったが、意外と穏やかだった。
ただ、皿を洗ったり軽く片付けなどをしてから、風呂に入れたらすっかり遅い時間になってしまった。
しかも、 便秘のニンタマと一緒に30分程トイレにこもった挙げ句に出なかった…という出来事もあり、寝るのは10時30分になってしまった。明日早く寝かせなけれ ば。

|

 Ts3p0231_2
お腹にいる子供の4D映像を見るために、池尻大橋の産婦人科へ行って来た。
この病院は、外部で出産予定の人も受け付けてくれている。
4Dのことは詳しくは分からないが、普段の超音波の検診より、かなり立体的でリアルな胎児の姿が見られる。ニンタマの時も別の病院で4D撮影をしていた。今回は別に良いかとも思ったが、あまり差をつけるのも良くないだろうと、予約を取った。

胎児は私の背中側に顔を向けて、全く顔が見えなかった。しかも、私の子宮内の胎盤の位地がちょっとアンラッキーらしく、下の方に窪地のような溝が出来ていた。
胎児は自分の鼻を押しつぶすような勢いで、その溝に顔を埋め込んでいた。

ニンタマ妊娠中も、7ヶ月頃から、尿道付近がチクチクして歩くと激痛が走ることがあった。今回も時折、痛かった。
それまで、どこの病院で訴えても、不思議な顔をされるだけだったが、初めて合点が言った。
きっとその窪地に頭をぐりぐり入れ込まれていたのだ。
もう少し胎児が大きくなると、頭がその窪地に入らなくなるというのでそれまでの辛抱だろう。
中々、正面を向いてくれない我が子だったが、先生は非常に根気よく頑張ってくれた。私の背中に枕を入れて角度を変えたり、胎児のお尻辺りをトントン叩いてみたり。
最早顔は見られないかも…と思っていたら、最後に腰の角度を変えた時にやっとちょっとだけ顔が見られた。
なんとなくニンタマに似ている気がした。
ニンタマも4D撮影の時、中々顔を見せてくれなかった。やはり最後の方で変な角度でちょっとだけ見る事が出来たのだが、その時点では化け物のようにしか見えず、内心驚いていた。
今回はその時よりはハッキリ見えた。そして、その時の化けモノのような時ではなく、今のニンタマの寝顔とよく似ていた。
そして、やはり男児だった。

|

男好き

1日の妊婦検診で、ほぼ男児と判明した。
家庭内ハーレムを目論み、女児希望であった旦那さんだが、
「初心に戻らないとな。こんな高齢でポンコツの俺らの所に来てくれただけでありがたいってことなのに」
「人からしたら、一姫二太郎って理想らしいよ。凄いね、俺たち」
と、前向き発言。

その日の晩にやって来た母は
「あ〜あ、まあしょうがないね」
と、言いつつもそんなに凹んでいない様子。
でも女のコ好きの母は世の中には男児希望の人も沢山いるのだが、ピンと来ないらしい。
「まあ、産まれちゃえば何でも可愛いから」
と、思っているようだ。

私も姉妹を育てる夢があったし、どちらかというと男性は苦手。
でも、昔から予想外な事にハマると、情熱的になるタイプだった。
酔っぱらって飛び降りたくなると困るからと、頑に2階以上の部屋に住みたくないと思っていたのに、気まぐれに5階の部屋に内見に行ったら、今まで住んだどの部屋より気に入ってしまったり、韓流にハマるはずが無いと思っていたのに、いきなり墜ちてしまったり。
絶対に対象外と思っていた男性が急に素敵に見えた時の方が、トチ狂ってしまったり。
だから、今回自分が男児好きになるという革命が起きるかもしれないと、密かに期待している。

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »