« 靴下を握りしめ、涙堪える | トップページ | どこで産もうかな »

安静にしてなさい

産婦人科で検診。
41歳で妊娠しようとするのは人に寄っては、問題無いかもしれないが、人によっては相当難しいだろう。
そう思って、ホルモンの数 値を調べたり、子宮内膜の厚さを見て貰ったりするため、近所のレディースクリニックへ通っていた。
だが、ここは分娩をやっていない。
妊婦検診をするなら、 分娩する病院の方がいいだろう・・・と思っているものの、
「では2週間後に来てください」
と、言われると、無断で止めるのもどうかと思う。
一応、私の体に ついて色々調べているデーターもある。
早い所データーを頂いて紹介状を書いて貰うつもりで出向いた。
たまたま母が来ていたので、母が見た事が無いだろう超音波映像を見せてあげたいと思い、一緒に診察を受けた。
出血はいつものことだし・・・と、のんびりした気持ちでいたら、
「妊娠中の出血は異常なことです。止血剤を出します。とにかく寝ていて欲しいんですよ。テレビ見ても本読んでてもいから、横になってて下さい。何故、もっと早く来なかったんですか!これからはすぎに受診して下さい」
と、怒られた。
そんな大袈裟な・・・と思いながらも、内診ビビってしまった。
母は超音波映像を初めて、見て
「元気そうだねぇ」
と、わくわくしていたようだ。
その足で仙台へ帰り、私は母子手帳を司政センターで貰ってから家で安静に過ごす生活を始めた。

|

« 靴下を握りしめ、涙堪える | トップページ | どこで産もうかな »