« よく食べ、よく食べる | トップページ | パイパイにバイバイ »

ニンタマの年末年始

ニンタマと私だけで、12月末から1月8日まで滋賀県の旦那さんの実家でお世話に なっていた。
旦那さんはお正月から本番。
ニンタマをお義父さん、お義母さんに見て貰いながら、お仕事をしていた。
結局1日も休めなかった。

ニンタマの中耳炎が悪化して、年末に何度か高熱を出した。
1月4日に耳鼻科へ連れて行くと、かなり悪化していた。
最近の中耳炎の半分は抗生剤が効かないという。
ニンタマの中耳炎も投薬で治ったことが無い。
大体、鼻水が収まると良くなっている。
鼻水が酷くなると、悪化している。
今まで数種類の抗生剤を服用しているが、どれも効いている手ごたえが無い。
それでも、薬を飲ませる以外にどうしてよいか、わからない。
大晦日と三が日には薬も切れてしまっていた。
困り果 てて、ユキノシタという草を絞ったエキスを耳に垂らすと効く・・・などという民間療法まで試した。
軽い症状なら効果があったのかもしれないが、悪化しているものには効果が無かったのかもしれない。

あまりに悪化していたので、鼓膜を切開することになった。
ニンタマは酷く泣いた。
大人だって怖い。
しばらくショックを受け、耳から血や膿を垂らしていたが、楽になったのか、別人のようにご機嫌になり、おじいちゃんも、おばあちゃんもびっくりしていた。
食欲は益々旺盛で、「ちょうだい」と、両手を差し出し、ペコリと頭を下げたり、手を合わせたり、おねだり上手になってきた。
食べながら、走りまわったりするので、 注意されると笑ってごまかそうとする。
だが、こちらが怒った顔を続けると、今度は身体を擦り寄せて、ご機嫌を取るようになってきた。
私より余程処世術に長けている気がする。

8日に東京へ戻り、久しぶりに旦那さんに会う。
情熱的な瞳で再会を喜ぶ旦那さん。
だが、ニンタマはニヤニヤして、斜め下を見ている。
どうやら、照れているらしい。
チラチラ旦那さんを見ては、ニヤニヤして斜め下を見て・・・を繰り返した後、やっと抱きついていた。

|

« よく食べ、よく食べる | トップページ | パイパイにバイバイ »