« 社長の貫禄 | トップページ | ニンタマの年末年始 »

よく食べ、よく食べる

ニンタマ共々、仙台での生活にすっかり慣れて来た。
だが、明後日東京へ帰らなければならない。
仕事さえやっていれば、ご飯も作らず、掃除もしなくて良いし、誰にも注意されたり、文句を言われないのんびりした日々が終わる。
ニンタマのオムツを替えたり、歯を磨いたり薬を飲ませたり、風呂に入れたりも全部母と二人でやれるので、全く苛々しないですんでいた。
東京へ帰れば、仕事を終えて疲れている上にニンタマの遊んでくれ攻撃を誤魔化したりなだめたりしながら、ご飯の用意をしたり、後片付けしたり、一人で走り回る日々が待っている。
いつもヘトヘトなので、相手をするのも上の空。
ニンタマに愚図られるという負のサイクルになってしまったりする。

こちらでは、ニンタマは私がいなくても母やパートのNさん、時々来るNさんの二人の娘さんや、兄、親戚などが入れ換わり立ち替わり現れる。
家にいるより楽しいらしく、一人でもご機嫌で遊んでいる。
一つ弊害があるとしたら、若干デブになったことだ。
家ではニンタマだけにご飯を食べさせることが多いが、一緒に食べると私の食べ物を欲しがるので、こっそり隠れて食べていた。
こちらでは一緒に食べる。
やはり人の食べているものをなんでも欲しがる。
食べるのが異常に早い。
私や母が普通に食べていると、ニンタマの皿はあっという間に空になる。
ニンタマはが「ナイナイ」と、騒ぐ。
こちらはまだ食べている途中。
落ちついて食べたいので、ついおかわりをあげてしまう。
やっと落ち着いて食べられる・・と思っているといつの間にかニンタマの皿は空なのだ。
そしてこちらが食べ終わっても食べ続ける。

明らかに、私より食べている。

保育園にいる時より運動量が少ないのに、食ってばかり。
パートのNさんにおんぶされる味をしめて、あまり自分で歩かなくなってしまった。
最近の体重測定では11キロになっていたが、仙台へ来た当初、10キロ台に落ちていた。
少し痩せたとほっとしていたが、昨日測ってみると11.5キロ。
一日4回ほど大量のウンチをしているのに、どんどん体重が増えている。
「もう、ごちそうさましよう」と、何度言っても首を振って「ちょうだい」「ちょうだい」を連呼する。
食べ物を目にしただけで、興奮して雄叫びをあげ、手を叩く。
顔が丸くなった。

何か策を考えないと肥満児になってしまう。

体が重量級だからか、重いものを引っ張ったり持ち上げるのが大好き。
布団や小さい机などを、ずるずると引き摺って移動させている。
テーブルを足で蹴って動かす。
その際、きちんと腰を入れているのでびっくりした。
担ぎ屋にでもなるつもりなのだろうか?
Ts3p0109

ちょっと前からスリッパに執着していたが、昨日はちゃんと両足をスリッパに入れて、歩いたり走ったりしていた。
半月前には片足入れては躓いていた。コツを掴んだらしい。
以前から歌は好きなようで、歌を聴くと体を揺らしたり手を叩いたりしていたが、最近は若干メロディーのある鼻歌を歌ったり「う〜たった〜う〜たった〜」と、歌詞ともいえないような言語を発しながら、歌うようになってきた。
人ってこんな風な経過をたどって、歌うようになるのだなぁ。

|

« 社長の貫禄 | トップページ | ニンタマの年末年始 »