« 寝かしつけ | トップページ | お腹がくだってる »

タフなのか繊細なのか

9月4日からちょいちょい歩き始めたニンタマは、最早かなり歩くのが上手になった。
と、いっても酩酊している酔っ払いのような有様ではある。
初めのうちは6歩歩ければ、凄い凄い!という状態だったが、保育園に迎えに行くたびに驚く程、進化に驚いていた。
調子に乗って、靴を履かせて帰らせようとしたら、どこでもかしこでも座るし、地面に手を着くし、砂や土まで食べようとする。
歩けるようになると、少し楽になる?と思っていたのは間違いだった。
ここの所連れ歩くことが多かったが、知らない人の所へ遊びに行くのを阻止するのに一苦労。
ずっと行く手を阻まないと、どこかへ行ってしまう。
電車に乗ってもすぐ隣の人に触る。
ニコニコしてくれる人もいるが、露骨にいやな顔をしたり、無視したりする人も多い。
だが、そんな空気は全く読まない。
無視されても、嫌な顔をされても全くメゲない。
しかも、ニコニコあやしてくれる人をむしろ警戒して、感じの悪い態度をとり、無視したり子供が嫌いそうな人に必死にアピールする。
この間は目の見えない人にアピールしていた。
反応が無いのは気付かれていないからだと、余計に頑張るのだろうか?

食い意地も益々旺盛。
あまりにも旺盛なせいで、つい丈夫だと思って、何でも食べさせていたが、それは間違いだったのかもしれない。
ここ一週間下痢が酷くて、 ずっと水下痢。
明日はお家で見てあげた方がよいのでは・・・と、保育園でも預かりきれない状態になってしまった。

じんましんが出たり、下痢したり「ニンタマちゃんは意外と繊細なんじゃないですか?」と、言われた。
昨日もお粥をあげていたが、大人達が食べているホッケをこの世の終わりのような叫び声をあげて、ねだるのでついついあげてしまった。
そして、今朝も酷い下痢。
しばらくはニンタマがねだっても心を鬼にして、ドロドロのお粥と擦りリンゴだけしか食べさせないようにしよう。
可哀そうだと思って食べさせると却って可哀そうなのかもしれない。
だが、下痢をしているものの、機嫌も良くもの凄い元気。
タフなのか繊細なのか、いま一つ分からない。

|

« 寝かしつけ | トップページ | お腹がくだってる »