« 告げ口 | トップページ | 乳を断つ »

教育

ニンタマを母に預けて、お仕事。

この日は私が出かけようとしたら、ニコニコと手をふって送り出してくれた。
エラい進歩だ。
母が、「これ、持って来て」などとちょっとした頼みごとをすると、ちゃんと持ってきたりするのだが、その後、自分で自分の頭をナデナデしていたと言う。
きっと、今まで頼まれ事をやると頭を撫でられていたのだろう。
私も撫でていたような気がする。
「エラいぞ」と、褒められることをしたと分かって、 自分でナデナデし始めたのだろう。
最近ちょいちょい読んでいた子育て本で、親に褒められることを期待して何かをやるのと、自発的にやるのは違う。褒められようとしてやるのは良くないようなことが書いてあった。
まだ、赤ちゃんなので、良いも悪いもない気がするが・・・。
ただ、頼んでもいないモノをあちこちに移動して、ドヤ顔をするのは面白いけど、少し困る。
食べ物を投げ散らかしたりした後、私が
「やだ〜!投げ散らかさないでよ〜!お母さん片づけるの大変なんだから〜」
と、文句をつけたり、ちょっと怒ったりすると、こちらがたじろくほど、じっと顔を覗きこんでくる。
顔色をうかがっているようだ。
だが、すぐに無かったことにするかのようにキャイキャイ声を出して笑ったり、「ばぁ〜」と、変顔をしたりする。
つられて笑ったりすると「笑わせたからにはこっちのもんだ!」と、言わんばかりに調子に乗ってはしゃぐ。
無表情でじっと黙っていたりすると、「あれ、やばいかな・・・」みたいな顔になってうなだれる。
何かをちゃんと分かってもらおうとする時は、台無しになるので、なるべく笑わないようにしている。
だが、予想をつかないタイミングで変顔をしたり、おどけてくるので耐えられずに噴き出してしまうことも多い。
オムツを替える時も、こっちが必死にお尻を拭いているのに、凄い勢いで回転しようとする。
「ダメ!協力して!」と、訴えて押さえつけても「キャイキャイ」はしゃいで余計回転しようとする。
何度「動かないで〜」と、訴えても暴れるので、途中で歌ったり足を延ばしたり縮めたり遊びを入れたり四苦八苦。
やっと大人しくなった所でオムツ替えを続行しようとすると、また回転。
時間が無いとこちらも優しく言い聞かせたり、遊びをいれたりするのが面倒くさくなる。
低いドスを聞かせた声で 「おい・・いい加減にしなよ」 と、言う時もある。
途端に神妙な顔つきになる。
だが結局その後、気を取り直すかのように、「ばぁ〜!」と、変顔を始める。
ここで笑うと、また暴れ始めるので、完無視してオムツ替えを続けると、泣き始める。
だが、これもほぼ嘘泣き。
この嘘泣きに騙されて「ごめんね、ごめんね」などと、機嫌を取ると、全て台無しになる。 今、なんでも笑ってごまかそうとするのも、すでに舐められているからだろう。気をつけなければ。

|

« 告げ口 | トップページ | 乳を断つ »