« これが私の靴…?! | トップページ | タフなのか繊細なのか »

寝かしつけ

毎晩ニンタマの寝かしつけが大変。
そばで寝るまで、授乳したり背中をトントンしたり・・・。
私も兄も暗い部屋に放置したら、ちゃんと寝るようになったという話なので、そんなことをしなくてもいいのかもしれない。
だが、家が狭いので、暗い部屋に放置すると言っても、すぐ隣に親がいると分かっていたら、おとなしくは寝ないだろう。

そう思って、毎日毎日寝るまでそばに付き添っていたのだが、正直とても疲れる。
今日もやっとの思いで寝かしつけ、明日の予防接種の書類に記入したりしていると、目を覚ましたニンタマが起きて泣き始めた。
ここで寝かしつけると、30分くらいかかってしまう。
そのあとニンタマのそばから離れて、書類を書いたり、投げ散らかされた食べ物を拭いたり、食器を洗ったりするといつ眠れるか分からない。
一度は寝たわけだから、きっとすぐに泣きやんで眠るだろう・・・と、息を殺して書類を書き続けた。

だが、泣きやまない。
泣きすぎておかしな声にまでなってきた。
だが、ここでそばに行っては、今までこらえていたのが台無しだ。

あと、10分泣き続けたら、そばに行こうと決めて、黙々と用事を済ませていると、母から電話。
こちらの声が聞こえると、もっと激しく泣くだろう と、トイレの前まで行って話す。
泣き声は相変わらず激しい。
こんなに泣くなら、もっと早くなだめに行けばよかったと思っていると、いつの間にか静かになった。

電話を終え、のぞきに行くとニンタマは初めに寝ていた位置からだいぶズレた所で寝ていた。
自分の布団から移動して、夫婦の布団の真ん中だった。
「やれやれ」 と、寝顔を眺めていると、何かオレンジ色っぽいものが布団についている。ニンタマのゲロだった。
どうやら、泣きすぎて戻したらしい。
あわてて、シーツを取り換え、ゲロでぬれたニンタマの服も着替えさせた。
結局目を覚まし、再び大泣き。
こんなことなら、早めに慰めに行けばよかった。
ゲロがのどに詰まったりしていないのは幸いだった。
疲れるから、ちょっと放っておこうと思ったが、放っているのもしんどい上に、却って面倒なことになっただけだった。

|

« これが私の靴…?! | トップページ | タフなのか繊細なのか »