« おひなさま | トップページ | 昭和の乙女 キンドーちゃん »

母vs赤子

先週の金曜日からお義母さんが、泊まりに来ている。
ニンタマは私と二人きりだと、結構グズるのだが、お客さんが来ているといいコになる。
目新しい刺激があるから楽しいのかもしれない。
お客さんがいたほうが、長々一人遊びをしている。
一人でおもちゃをかじったり振りまわしたり。
親子二人きりだと、相手をしてくれ!と、言わんばかりに
「へい!へい!」
と、呼びつけたり、鼻息を荒くしてこちらを見つめながら手足をバタバタさせた挙句に泣いたりする。
だから、誰か来てくれると、ほっとする。

二人きりで泣かれている時は、とっとと散歩に連れ出す。
散歩に出ると、泣きやむ。そして、寝る。
やれやれ・・・と、帰宅すると、眠って元気になって復活したニンタマは「ウキャウキャ」叫び声をあげて、ハイテンション。
こちらは8キロの重りを担いで肉体訓練をした後なので、疲れ倍増。
ぐったりしていると、怒ったニンタマに「ヘイヘイ!」と、呼びつけられる。
あまりにも情熱的に呼びつけるので、 満更でも無い気持ちになり、重い身体を引き摺ってニンタマの元へ馳せ参じ、いそいそと抱っこをしたり、話しかけたり。
すると、ニンタマは目も合わせてくれない。
そして、私の髪の毛をひっぱり頬の肉に鋭い爪を立てる。
「痛い、ニンタマ、痛い!」 と、言っても離してくれない。怪力なのだ。
「あなた、何が望みですか?」 と、聞くが、今度は降ろせ!と、身体をのけぞらせる。
やれやれ・・・と、絨毯に寝かせるとどんな悲劇俳優も顔負けの様な苦悶の表情を作って、泣く。
「え、抱っこなの?」 と、再び抱っこをしてみるが、泣きやまない。
「もしや、おっぱい?」 と、おっぱいを出してみると、猛禽類の様な動きでおっぱいに吸いつく。
そうか、お腹が減っていたのか・・・と、納得すると、すぐ飲むのをやめてしまう。
おっぱいは吸われるとその刺激でどんどん湧いてきてしまう。
スプリンクラーのように噴射しているのに、ニンタマは「ウガー」と、言うだけで飲んでくれない。
この溢れる母乳はどうしたらよいのだ。
思わせぶりな態度にその気にさせられた挙句、捨てられた女のような気分。

ニンタマが訳の分からないぐずり方をする時の対策は何種類かある。

・おっぱいをあげる。
・抱っこ
・うつぶせにしてやる。
・オムツを替える。
・オムツが汚れてなければ、股間に風を入れる
・段ボールに入れる。(ぐらぐらしないで一人でお座り気分が味わえたり、箱の感触が面白いらしい)
・高い高いなど、アクロバティックな遊びをする
・鏡を見せる。
・顔の前にタオルをぶら下げて、ゆらゆらさせたり、かぶせたりする
・顔に息を吹きかける
・ジムやオモチャで遊ばせる。
・腹やら、身体をさする。
・足の裏を噛む
等々。

対策は沢山あるのだが、疲れて何もしたくない時もある。
ニンタマと二人きりで家にいるより、外出の中でも難易度の高い新幹線移動をしている方が気が楽だったりする。
二人きりで家にいるのが一番しんどい。
だから、誰にも見て貰えない時は極力外へ連れて行く。
だが、私が友達とのおしゃべりに夢中になったりすると、退屈するらしく不機嫌になる。
だから、人がウチに来てくれるのはとてもありがたい。
昔はご飯を作ったり家事をするのも面倒くさく思っていたが、ニンタマをちょっとの間見てもらえるならば、ご飯や家事の方が余程簡単だ。
こちらが疲れていたり、空腹だったらニンタマを抱っこしたり、授乳をしたりも出来ないと言うのに、何故かニンタマは私が自分の栄養摂取をしたり、休養の邪魔をするのが得意なのだ。

授乳期間というのはとにかく、お腹が減る。
高校生の部活男子の様な食欲。
ガツガツ食べたいのに、泣いて大騒ぎされてご飯を作れない上に食べられない時は途方に暮れる。
10年後とか20年後の未来などどうでもいい。
今、この一秒をどうやり過ごせばいいの?と、困惑の連続だ。
面白いし、可愛いのだが、ニンタマの気に入る行動を取ろうとすると、何もできない。
二人きりで疲れ果てている時など、別れるに別れられない腐れ縁の恋愛モードになる。追いつめられて嫌な雰囲気になる。

ニンタマも疲れ果てた私に必死に面倒を見られるより、仙台の母やパートさん、従妹のお姉ちゃんや、お義母さんに見て貰った方が、楽しいだろう。
こちらもニンタマをちょっと預けて、少しでもお仕事をしていた方が、精神的にも楽だったりする。

世の中にはもっと愛情たっぷりに育てている母親が沢山いるようだ。
こんな根性の無い母親でちゃんと育つのだろうか・・・と、心配にもなる。
だが、周りに恵まれているお陰か、ニンタマは、毎日元気で楽しそうに見える ので、多分大丈夫なのだろう。
100217_121302

|

« おひなさま | トップページ | 昭和の乙女 キンドーちゃん »