« 筑波でお正月 | トップページ | 40の実感 »

誕生日前日の寝返り

朝、父は仕事だというので、我々親子と奥さんと西武デパートへ行ってみた。

お正月にデパートへ行くのは初めて。

どこの売り場でも福袋だらけで驚く。

中身をみることも出来るようで、福袋なのにボロボロのものも多かった。

何も買わないつもりでいたが、通販で買ったことがある授乳服の福袋があって、つい買ってしまった。

普段は買い物に行かないので何も買わないのだが、人の買い物に付き合ったりすると、一番買ってしまうという習性をここでも発揮してしまった。

だが、噴射する母乳で洗濯も大変だったので、よしとしよう。

その晩も泊まってゆっくりして行けばと言われたのだが、いつ仕事の連絡が入るか分からない。

油断できない。夕方には筑波を後にする。


帰宅後、年賀状のチェックをしていた。

旦那さんはテレビを見ていた。

ニンタマはいつものように寝返りの練習をしていた。

力がいるようで、金切り声や奇声を発しては力んで、失敗を繰り返していた。

そして、何度も失敗をするとくやしいのか泣きだす。

いつものことだったので、奇声を聞いてもスルーしていた。

ふと、ニンタマを見るといつの間にかうつ伏せの態勢で顔を上げていた。

そして、得意げな微笑み。

あれ?旦那さんが、手伝ってあげたのかな?と、思ったがそうではなかった。

自力で寝返りをしていたのだ。

前回寝返りをしたのは、風呂に入れる前の全裸の時。

その後はずっと失敗続きだった。

今回は服は着ているが、下のボタンは外してオムツのみの状態。

その後は手伝わないと出来なかったが、寝返りをする時の回転がかなり素早くなってきた。

旦那さんは

「生まれた時は、タイミング悪い奴だと思ったけど、明日のお母さんの誕生日に合わせて寝返り打ったなぁ。」

(出産に会わせていつでも病院にかけつけられるように仕事を調整してくれていたのだが、唯一大阪へ行く仕事の日に生まれた為)

と、ベタ褒め。

見ていなかったのが悔やまれる。

ニンタマをお風呂に入れて寝かしつけて、自分も、うたた寝。

ニンタマが目を覚まし、再び寝かしつけてはうたた寝を繰り返していると、旦那さんから

「おめでとう」

と、言われた。

とうとう、四十路になってしまった。

|

« 筑波でお正月 | トップページ | 40の実感 »