« 母乳のため?母のため? | トップページ | おじいちゃんと孫 »

子ども集会

従妹達との集会。

世田谷区へ住んでいて、2歳と7歳の男の子のお母さんである従妹Yちゃんに車で迎えに来てもらって、石神井に住む従兄宅へ。

奥さんのNさんがキッシュやパスタでもてなしてくれた。

ここも中3の男の子、小5、小2、3歳の女の子、そして、犬が2匹ととてもにぎやか。

最近場所見知りを始めたニンタマだが、昼間だからかそれほど泣いたりはしなかった。

女3人で思う存分話したいのだが、乳幼児を抱えていると、いいところでウンチをされたり。

Yちゃんの子供の7歳の男の子H君が体調が悪いと学校を休んで来ていたので、遊ぶなら勉強をしてから・・・と、言われていたのに中々勉強をしないので、怒られていた。

やっと勉強を終えて、さあ遊ぶぞ・・・と、ゲームを始めようとしたら、テレビ画面の切り替えがうまくいかず、ゲームで遊べない。

同じ年頃のYちゃんはまだ学校から帰ってきていない。

つまらなさそうにしていたが、やっと帰って来たYちゃんは中々一緒に遊んでくれない。

じゃあ、ゲームと思うと画面の不調は治っていない。

「つまらないつまらない」と、文句を言っていたら、Yちゃんに「あなたの態度はとても失礼よ」と、怒られていた。

ああ、自分より年下で小さかったYちゃんがしっかり子供に怒っている・・・と、先輩を見るような目で見ていると、H君が泣きだした。

「だって・・・Yちゃん・・・遊んでくれないんだもん・・・ヒックヒック」と、お母さんであるYちゃんに抱きついていた。

「か、かわいい・・・」

それまでどんなに注意されても「はいはい」と、ちょっと生意気な態度を取っていたのに、この豹変ぶり。究極のツンデレだ。

でも、気持ちはよく分かった。

お母さんと弟だけが従妹の家に遊びに行く・・・と聞いて、自分も行きたいなぁと思って具合が悪い・・・と、学校を休んでまで付いてきた。

ゲームをやったり、従妹と楽しく遊んだり凄い楽しい夢を描いていたのだろう。

それが、全部敵わず、大人は大人ばかりで話して退屈して、夢は台無し。

泣いていると、まだ3歳の女の子のHちゃんがハンカチで涙を拭いてあげていた。

これまた 「か、かわいい・・・」 と、目尻が下がりっ放し。

Yちゃんは翌日は昔からの友達に家へ行くらしい。H君は付いて行くと言っていた。

Yちゃんが「パパと残った方がアナタにとってもいいわよ。ママ達は久しぶりに会ってお話がいっぱいあるんだから」と言うと、「あ〜あ、大人ってどうしてお話ばっかりするんだろうなぁ・・」と、つぶやいていた。

小さい時、いつも大人が自分に分からない話で盛り上がっていて退屈な思いをしていたことを思い出した。

YちゃんもNさんも子供を何人も育てて、しっかりしている。

いっぱいいっぱいの自分からすると、尊敬モノ。

「祝女」の感想も言ってもらえて、嬉しかった。

もっとたくさん話したかったのだが、ながらが出来ないタチでニンタマをあやしながらだと、話したいことがすぐ分からなくなってしまう。

そのうち脳も慣れてきて、ニンタマがいてもスムーズに話せるようになってくるのだろうか。

|

« 母乳のため?母のため? | トップページ | おじいちゃんと孫 »