« ジャンボ | トップページ | 滋賀、仙台、東京 »

噴射する母乳

今、旦那さんの実家の滋賀県にいる。
旦那さんが12月に大阪でお芝居に出演するので、稽古も大阪なのだ。
腱鞘炎で食器も洗えず、ご飯も作れない私は、旦那さんがいなければ生存の危機。
今までは旦那さんにニンタマを見て貰って、時々外へ仕事に出かけていた。
まだ赤子で無力なニンタマとポンコツの私はしばらく旦那さんの実家へ身を寄せることになった。

091113_1530~02ニンタマも久し振りにおじいちゃん、おばあちゃんに再会。
お義父さんお義母さんも「おお、肥えた越えた」と、喜んでくれている様子。
ニンタマは 推定6キロ。
10月の頭にデザイナーのリエちゃんから頂いた、可愛らしい水玉模様のロンパースは、初めブカブカだったのに、今はパツパツ。
愚鈍だった私と違って、運動も大好きらしく、しばしば手足をばたばたさせている。
そんな時は狂った指揮者のようだ。

おっぱいはあれから、産婦人科でも見て貰った。
ちょっと刺激すると、触らなくてもスプリンクラーのように噴射する母乳。
助産師さんに「これ、もう一人育てられそうですね」と、言われた。
あまりに出過ぎるので、吸い始めるとニンタマはいつもびっくりして咽てしまう。
苦しいのか、口を離す。
すると、顔中に母乳を浴びるので「うが~!」と、叫ぶ。
「ごめんごめん」と、謝るが、慌てて「うが~!」と、言っている様がちょっと面白い。
だが、こんな様子なので、ちょっとでもニンタマと離れると、おっぱいは大変なことになってしまう。
今は、カラオケボックスや漫画喫茶に籠って、仕事をしているのだが、2時間置きにトイレに母乳を絞りに行かなければならない。
片方から絞るともう片方からも噴射するので、結局両方のおっぱいを出す羽目になる。
岩のようにカチコチになったおっぱいがある程度やわらかくなるまで絞るにはかなり時間がかかる。
あちこちに飛び散るので、絞った後は軽くお掃除。
トイレがいくつもある場所なら良いが、混んでいる店で一つしかトイレが無い時など悲惨。
一度の授乳時間が25分として、日に8回くらいはおっぱいをあげている。
あげるのも大変だが、あげないと自分で絞らなければならないので、尚大変。

この生活があと一年ほど続くのかと思うとギャグの様な気がする。
だが、過ぎてしまえばあっという間なのだろう。
なるべく楽しもう。

|

« ジャンボ | トップページ | 滋賀、仙台、東京 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 噴射する母乳:

« ジャンボ | トップページ | 滋賀、仙台、東京 »