« 「祝女」 | トップページ | 親に似る胎児 »

日が過ぎていく

朝、ちょっとだけ腰がしくしく痛んだ。
出血もおさまり、すっかり出産の兆候が消えてしまったので、痛みが来ると安心するくらい。

ADSL回線をソフトバンクからauに変える。
機械音痴なので、うまく接続できるかでイライラする。
旦那さんも機械音痴。
初めはファックスも送れず、全部私に「送って」と言っていた旦那さんに、長年かけて、自分も機械音痴だからこういうときイライラするのだと言い続けてきた。
その甲斐あってか、今日の接続には私より率先して頑張ってくれた。
臨月間近という状況だからなのだが、助かった。
接続は二人で取り組んだら意外と簡単だったが、ソフトバンクでは普通に無線LAN接続していたのが、auでは別料金で申込みしなければならないことに気付く。
auショップに行って聞いてみると無線LANの機器のレンタルが月々840円だという。
電話やネットの環境をauに一括した方がお得だと言われて変更したのに月々別途で840円もかかるなら、話が違う。
得をしようとして損をすることになったのか?とイラつく。
だが、電機店で無線LANの機器を買えば良いことが分かり、買いに行く。
すると溜まったポイントで買えたので、一安心。
機械音痴な夫婦にとってはこんなことでも一大事。

帰宅後頑張って接続Windowsのノートブックはすぐに無線接続出来た。
だが、Macは無理だった。Macには対応していないのかもしれない。
何かを便利にするといつも何かが不自由になる。
機械ってやつは厄介だ。

夜、母から「祝女」の感想の電話などを貰う。
一生懸命意見を言ってくれるのだが、獣のように気が張り詰めているので落ち着いて聞く心境になれない。
旦那さんが仕事をお休みにしてくれている間に生まれるといいねぇ・・・などと言われても「一番そう思っているのは私なのだから、プレッシャーを与えないで」などと、つっけんどんに言ってしまう。
電話を切ってから悪いなぁと思う。
せっかく電話したのに甲斐が無いと思っているだろう。
他の人から同じことを言われたら、もっと愛想よく出来るのだが・・・身内だと八つ当たり気分になってしまうようだ。
いつ産んでも良いと思う反面、何か準備が足りていないのでは?と心配になったり。あまり余計なことを考えず、穏やかに過ごしたい。
このまままた何事もなく長引くのなら、やり残した仕事などもガンガン再開した方がいいかもしれない。
待っていると却って進まないのかも。

|

« 「祝女」 | トップページ | 親に似る胎児 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日が過ぎていく:

« 「祝女」 | トップページ | 親に似る胎児 »