« クッキング | トップページ | 電車男 »

浸食するクリスマス/鍋に片思い

久しぶりに仕事へ行く。

帰りに都庁へ行ってパスポートの申請に行くことにする。
偶然新宿で旦那さんと会ったので、一緒に都庁へ。
今までYUKAで表示していたのをYUUKAに書き換えたら、「変更するための届け」や「今後二度と変更しません」という旨の書類を書く羽目に。
面倒なことを終えて新宿の街を歩くとクリスマスソング。
兼々、クリスマスから大晦日、正月、バレンタインという流れで慌ただしい街を不愉快に思っていたので、
「何故の世の中の人はクリスマスソングばかりなんで歌うんだろうね?そんなにクリスマスが好きなのかね?意味がわかんないんだよね。クリスマスを歌うんなら節分とかの歌も歌いやがれって。それに、私は他人が決めた暦に振り回されるのは我慢ならないんだよね」
などと、毒づく。
寒さが厳しいのでビックカメラでストーブを見てから帰る。
店を出ると町並みは美しいイルミネーション。
「電気の無駄遣いだし、ケッ!って思うんだけど、瞬間的には綺麗・・・って思っちゃうね~」などと言いながら帰る。
三鷹駅で偶然イクマ君に会う。

帰宅後リンゴのサラダ、野菜の炒め物などとともに牛筋煮込みを食べる。
食べながら、味をつけていない牛筋を何度も沸騰させては保温を繰り返した。
どうにも柔らかくならない部分があったので、保温をやめてちょっとだけ煮込むことにした。
その時、タイマーが見当たらなかった。
探していると、旦那さんが韓国俳優名鑑を読んでいた。
つい気を取られ
「あ、この人はね~オールインにも出てた」「この人よく脇役やってるよ」
と、夢中になってしまった。
そして・・・今度は無水鍋も焦がしてしまった。
私ほど鍋を愛でている人も少ないのに、私ほど焦がしてしまう人もいないのではないだろうか・・・と混乱する。
こんなに鍋を見るのも調理するのも大好きなのに、どうして大事に出来ないのだろう。
大事に思っているものを大事に出来ない自分を呪う。
だが、焦げてこびりついた牛筋は激ウマだった。
旦那さんには「本当に馬鹿だねぇ」と、笑われた。
そして
「今日、イルミネーション観ながら『ラーストクリスマス~♪フフフンフン~♪』って歌ってたの知ってる?」
と言われた。
「え、それってワム!の?」
「そう」
「え、私がクリスマスソングを?」
「楽しそうに歌ってたよ」
「え、この私が、クリスマスソングを?」
「うん、あんなに『節分の歌でも歌いやがれっ』とか毒づいていたのに、びっくりしたよ。本当に馬鹿だなぁって思った」
歌の力は凄い。嫌だと思っていてもいつの間にか侵食して来る。
疑問もなくクリスマスに浮かれたりするもんかと強い意志を持って生きてきたというのに。打ちひしがれる。

|

« クッキング | トップページ | 電車男 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浸食するクリスマス/鍋に片思い:

« クッキング | トップページ | 電車男 »