« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

体にやさしく

火曜日お休みしてしまったヴォイストレーニングの振替レッスンに行く。
だが、日時を勘違い。明日だった。
先日は時間を間違えて、1時間早く行ってしまった。

どうも、頭がパツパツのようだ。

ヴォイストレーニングと言っても、声だけ出す訳では無くストレッチと呼吸をじっくりやる。
先生は呼吸やその日の立ち姿を見て生徒に色々アドバイスをしてくれる。
整体師の資格もあり、時には軽く施術してくれる時もある。
生徒は役者や声優、その志望者だけではなく普通に健康を心掛けている人も多い。
皆些細な風邪や体調不良も相談している。
今日はこの股関節を相談してみたかったが、残念。無駄に疲れた。

今日は13時から治療院。夜まで宝船公演の準備。
帰宅後、大掃除。明日早朝、大家さんの室内立ち入りがあるのだ。
明日は仕事、習い事、夜はバレエ。
普通の人なら普通にこなせそうなスケジュールなのだが、要領の悪い私にはこれだけで精神的にパツパツ。
リラックス出来ないので便秘にもなる。
バレエのレッスンに出るのもちょっと怖い。
振り付けを覚えなければいけないので休めないのだが、レッスンすると股関節が痛くなる。
よくなって数回レッスンすると痛くなって・・・を繰り返している。
どの動きが原因なのかつきとめなくては。

今まで自分の体をポンコツな欠陥品みたいに思っていたが、違うのかもしれない。
やりたい事を何でも根性で乗り切ろうと、自分の精神面や願いばかりに目を向けて、体を労って無かったのかもしれない。
もしかするとこの体は健気によく頑張っているのかもしれない。
もう少し労りの気持ちを持った方が良いのかも。
なんだか、ポンコツポンコツとののしり過ぎて、体にそっぽを向かれているような気持ちになって来た。
これからは大事にしてやろう。
酒は止められないだろうけど。

| | トラックバック (0)

コカンセツ

持病の右股関節がやばい。
今年6月出演するロリータ男爵の「プリマ転生」に供えて昨年9月に体を鍛え始めたら、一か月で股関節と膝が痛くなり日常生活に支障を来した。
毎日近所の治療院に通い、今年からやっとバレエのレッスンに参加。
一度歩けない程の痛みに襲われたけれど、筋力がアップしたからか、なんとか持ち直していた。
バレエが楽しくなり始めた先週、また痛み始めた。
その後も振り付けだけ覚える為にレッスンには参加していたが、つい一生懸命やってしまって、悪化。
振り付けは覚えたいが、レッスンに参加するとやはり注意されたりでつい頑張ってしまう。
強い気持ちで手を抜かなければ。
走れないし自転車も坂が無理。
歩くのもゆっくり気をつけないと痛い箇所に触れて大変。
書かなければならない本2つ。
そして、去年同様に韓国語の集中講座。6月の舞台。8月の舞台。
そして引越し。
ああ、一杯一杯だ。
しかし、何故か大変な事が多すぎると、一つ一つに悩まなくなる。
股関節も弱い喉もなんとかなるような気もしている。
錯覚なのかなぁ。

| | トラックバック (0)

春だから

いつもの通り、図書館で作業をしていると、突然唸り声。
驚いて見てみると、60才位の男性が自らの頬を平手で高速ビンタ。
何か調べている様子。
その後、2分に一度位の頻度で似たような言動を繰り返していた。
ある時は腿をビンタ、拳でコメカミを殴りつけたり、10センチ程の分厚い本を頭に打ち付けたり。必ず動きは高速。
一体何を調べているのだろう。
時折立ち上がって謎に席を移動する。
側に座らずに済んで安心した。
春だから?

| | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »