« 初日! | トップページ | ここ最近 »

河原君から見た私

ハイレグジーザス時代のリーダー河原君が宝船についてblogに書いてくれた様子。
担当の伊藤さんに聞いたところ、東スポ官能小説を電車で熟読・・、
ネパール人の添い寝・・云々。
慌てて「事件は東スポは読んでたけど、電車でそんなの読んでないよ!ネパール人は大体あってるかな・・」と、言い訳する。
河原君は面白く作るフシがあるから・・と当時の記憶をたどってみた。
ああ、確かにどこかの若様が、お忍びで旅しながら女性行脚する連載小説を楽しみにしていた。
ローマ時代のカリギュラとかが登場する近親相関モノに出てくる「カント」と言う単語の意味を調べた記憶もある。

あれ?

確かに電車で読んでいた・・!

他人の目を気にする小心モノなはずなのに。
当時の私はちょっとおかしかったのだろうか?
今でも時々東スポを購入して電車で読むが、官能小説は読んでいない。
風俗コーナーは家で読む。
好きなのは街頭淫タビュー。
あれ、バイトと言う噂も聞くけれど、そんな事は全く構わない。
嫌いなのは三こすり半劇場。本当、カンに触る。

|

« 初日! | トップページ | ここ最近 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河原君から見た私:

« 初日! | トップページ | ここ最近 »