« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

レミゼの稽古後に

昨晩、小一時間予定で飲み始めた。
コムタン、ナオミィ、ヒロカワさん、吉本さん、修君。
楽しく飲む。
途中で、吉本さん修君がヒートアップ。
2軒目へ行こうと言う話が出る。
吉本さんといい感じで女子トークが始まりつつあったので、ついつい行ってしまう。
そして、よせばいいのにワインを飲んでしまう。

家へたどり着いたのは、朝7時過ぎ。
荷物は一切持っていなかった。
そして吉本さんの上着を着ていた。
地下鉄の駅付近でおまわりさんに怒られていた様な記憶。
「あなたは自分がどこにいたか分かってますか?」
「公園の植え込みで寝てたんですよ」
などと言われていた気がする。

飲んでいたのは、稽古場から駅への通り道の店。
その日私は自転車で来ていた。
自転車は稽古場近くに留めていた。
電車で来た事が無いので駅からの道はよく分からない。

推測するに、自転車を探して迷い途方に暮れて公園でこと切れたのだろう。
その後、タクシーで帰宅。
ちょっとだけ寝て、電車で稽古場へ向かう。
3年程前に通っていた稽古場なので行けばわかると思っていたが、散々道に迷う。
公園も通る。
きっとこの公園で寝ていたのだろう。
ぼんやりと考える。
これほど酒の失敗が多いのはきっと意味があるのだ。
江原さんとかに会ったら、
「あなたは今世ではお酒の失敗を克服する為に生まれて来たのですよ」
と、言われるのではないだろうか。

稽古がとてもしんどかった。
叫ぶシーンを沢山返し、きつかった。
命からがら帰宅。

帰宅すると、調子の悪いポットが益々調子悪くなっていた。
タイマーがついているのだが、セットしないのにピッピッと鳴り続けている。
このタイマー機能を10分にセットするにはボタンを10回押す。
すると10回ピッピとなって、その後1分置きに鳴り、最後にはチャルメラの曲が鳴る。
実際タイマー機能は壊れていて、使おうとすると使えない。
使う気がさらさら無い今、勝手にセットされ最早2時間位鳴り続けている。
このキチガイポットは寝ている間も鳴り続けるつもりだろうか?

| | トラックバック (0)

女として終わった瞬間とは?

最後のお休み。
稽古が面白すぎるので、いつもなら出番以外は適当に休むのだが、ついつい見入ってしまい疲労がピーク。

今日は、久々に韓国語学校へ。
芝居のチラシを渡したら、載っている写真が
「別人だ!」
「若いときの写真じゃないの?」
などと言われてしまう。
去年撮影したもなので、それから急激に老けたのだろうか?
授業は、お誘いを断るということが課題だった。
理由に「デートがあるので・・」と、言ってみた所、爆笑され
「嘘はだめよ~」と、突っ込まれた。
もしかしてブスキャラなのだろうか・・・?
確かに、学校へはほぼスッピンで寝ぼけたような顔をして通っている。

メイク道具を持って来ていないので、新宿のコスメショップでアイメイクとチークをする。
ちょっと前にSPAで「女として終わった瞬間」という特集をやっていた。
読んでみて、驚いた。
思い当たる事ばかりだ。
なんて下らない特集なのだと腹が立った。
5本指ソックスやスニーカー通勤、スポーツ新聞を愛読・・・の何が悪いのだ。
そんなことで終わりというのなら、「わたしゃ女を始めた事もないね!」と、吐き捨てた。
昔完璧フルメイクをしていた時も、メイクに凝っていただけで、今しないのは飽きたのと、綺麗にしても特をしないと気付いたからだ。
しかし、女として張って行く意識が低すぎるのは確かだ。
メイク道具を常備するのは嗜みかもしれないが、コスメショップでもやらないよりはマシだ。
そのまま、何故かピンキーリングまで買ってしまった。
おもちゃ以外の指輪を自分で買ったのは初めてだ。
無駄なお金を使った気持ちになるが、嬉しくて一日中眺めていた。

「モッカモッカ」観劇。
ブルースカイさんが一部脚本を書いているので、お休みなのにいつものメンバーに沢山あう。
帰りにナオミィと佐世保バーガーでお茶をする。
お酒抜きで健康的なガス抜き。
明日から、稽古が延長するかもしれない。
毎日楽しいので、本番が来なければいいとさえ思ってしまう。

| | トラックバック (0)

なくしんぼう

私はすぐに物を無くす。
手袋や帽子、メガネ、アクセサリー、傘など1年持てばいいほうだ。
でも、そんな私が18歳の時から使っているモノがある。
宮沢りえがCMしていたレシェンテのアイシャドウだ。
佐伯チズにはすぐ捨てろと言われるだろうが、全く問題なく使えている。
しかもまだまだたっぷりある。
流石に見た目や異臭に問題あるものは捨てているが、今も良い発色。
そんな感じに7、8年前に拾ったUVファンデも海やスキー場では使っている。
早くなくなったくれればいいのだが、ちっとも減らない。
この分ではあと10年持ってしまう。
私は敏感肌で合わない化粧品は新品でもかぶれる。
20年近く使い続けられるのが不思議。

| | トラックバック (0)

持ち主と自転車の関係

私の愛車は道ばたでよく迫害される。
以前もぼこぼこにされたことがある。
今回はそこまででは無いが、東中野ライフに止めて買い物して、出て来ると止めてあったはずの場所に無い。
全く別の場所に投げ捨てられるように倒れている自転車があった。
嫌な予感の通り、それが私の自転車だった。
走れない程では無いが、また微妙に破壊されていた。

何故、このコはこんな目にばかり遭うのかしら。
ちゃんとした駐輪所ではそんな事は無いが、道端に止めていると3回に1回は倒れている。
私の代りに災難に会ってくれているのかも・・・。
それほど目立つ自転車でも無いのに、不思議だ。

| | トラックバック (0)

レジェンド!

「レミゼラブ・ル」稽古が始まって、一週間以上過ぎた。
台本を読んだ時点で衝撃を受けた。
ここまで面白い台本は読んだ事が無い。
だが、読み物として面白くても演じるとなるとどうなのだろう。
そう思って、本読みに臨むと、ドエライ事になっていた。
面白さに拍車が掛かった。

役者陣も素敵な人ばかり。
毎日ただでこの役者陣の芝居を見られるなんて・・・。

稽古初日から確信した。

「これは・・・伝説になる!」

とりあえず、声を枯らしたり、足をひっぱらないようにしよう。

| | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »