« あだ名で出世する人種 | トップページ | 母と娘のデパート巡り »

母とボジョレー

お仕事。
担当していたカメラマンさんがハイレグを観ていた。
「7,8年くらい前だから新井さんはまだメンバーじゃなかったですよね」
と、言われた。
そうですね、と言っておけば良かったが
「え~、出てましたよ。その公演では義足のバーのママをやってました」
などと主張してしまった。
「ああ、あれか!」と、言われたが社交辞令に違いない。
だが、とても楽しいお仕事だった。

大掃除の続き。そして料理。
鯛じゃが煮、丸ごと玉葱と手羽先の煮込み、
キャベツのみじん切りを塩もみして水洗いして、絞ったものに
湯むきしたトマト、玉葱、人参、ゆで卵をマヨネーズ、塩コショウで味つけしたサラダ。
ゆで卵は以前作った卵のピクルスにしてみた。
このピクルスは単品では反吐が出るほど不味くて困っていたが、
砕いてサラダに入れると美味い。
人参も全部ぬか漬けにしてしまっていたので、それで代用。
カリカリベーコンを散らした。
シャケの炊込みご飯を作りかけで挫折。
台本を書く時間が潰れてしまう。逃避だろうか。
だが、今日は仙台の母が泊まりに来るのだ。
自分でご飯を作る人は、料理をしてもらうのが嬉しいはずだ。
2100円程度のボジョレー・ヌーボーを冷やして待機。
22時過ぎに母がやってきた。
だが、母は駅弁を食べて満腹だった。
「食べてきたわよ~」と言う母に、
「ワインのつまみに」、と騙し騙し食べさせた。
糠付け入りのサラダは意外と美味かった。

|

« あだ名で出世する人種 | トップページ | 母と娘のデパート巡り »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母とボジョレー:

« あだ名で出世する人種 | トップページ | 母と娘のデパート巡り »