« 宝船ふたたび出航 | トップページ | チェリボン稽古の日々 »

ユーミンの世界

先日チェリーボンバーズの稽古に河原君が演出に来た。
その時、いつものごとくノートブックから音楽をかけていた。
懐かしい曲が沢山あった。
偶々ユーミンが耳に残っていたので、CDレンタルした。
今日聞いてみた。動けなくなった。
高校生の頃からユーミンはラブソングの女王だった。
だが、お付き合いもピンと来ない身としては、普通に耳障りの良い歌としか思わなかった。
スキー場が大好きなので、スキーに焦がれる気持ちが起きて切なくなったりはした。
ところが、今聞くと大変なのだ。
ユーミンを好きだった同級生達は私と違う現実を生きていたのだな、と思った。
歌詞にあるような恋愛もしてこなかった。
何かを手に入れたと思った事も無い。
でも、いつの間にか何かを手に入れ、失って来たのだと分かった。

世界にはいつも膜が張っていた。
最近やっと視界がはっきりして実感が湧くようになった。
だからと言って何が変わる訳でもない。

|

« 宝船ふたたび出航 | トップページ | チェリボン稽古の日々 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーミンの世界:

« 宝船ふたたび出航 | トップページ | チェリボン稽古の日々 »