« コピーはおまかせ! | トップページ | 電車男と電器女 »

父とコピーと定例会

朝5時に父から電話。
明日苗場のリゾートマンションへ行くから駐車カードを返せ、との事。
駐車場にはカードを入れないと停める事が出来ない。
私がお友達の舞台監督さんに貸していたのだ。
「あんたはちっとも家にいない。留守電にも入れたんだ」と、言われる。
だが、私は家の留守電は聞かないのだ。まず、電話に出ない。
家にいる時、留守録に知り合いの声が聞こえれば出る。
ナンバーディスプレイでは無いので、誰か分からない。
うっかりセールス電話だと、切れないのだ。
気付くと家の電話には何十件も用件が溜まっている。そこまで溜まると、面倒で聞かない。
必要なら携帯にかけるだろう。
「家電は聞かないから携帯にかけて」と、言うと
「携帯は高いんだ。知り合いのミャンマーの人達は皆携帯にはかけないと言っている。家電に出ないのがおかしい」
そのやりとりで15分。
家電に出ないのがおかしいのはわかっている。だが、どうしても出たくないのだ。
何度も家電に録音したと言われると、余計聞くのが怖くなる。
いない事に次第に苛立って行く過程を聞くのはしんどい。具合が悪くなりそう。
午前中にカードを持ってこいと言われるが、貸した人と連絡が取れるか分からない。
私はチラシコピー&運搬、電車男のゲネと、本日は盛りだくさん。
夜遅くに届けると言うと、父は急に口ごもる。
その時、今晩は家に帰らないのかもしれないと思った。
「夜は家にいるんだよね?だから最悪今日中には家に届けるよ」
と言うとごにょごにょしながら了解した。電話を切るが直後に再び電話。
「本当は今日飲み会があって、そこに車が迎えに来てね・・・そのまま苗場に・・・だから家には」
との事。
「じゃあ、飲み会の場所教えてくれればそこに届けるから」
と言うと再びごにょごにょする。
「飲み会の場所って二転三転するじゃない・・・だから、午前中なら家で、午後だったら職場の松戸に・・・」
二転三転しているのは父だぞ、と思いながら了解する。
早朝だが貸した人にメールを出すと、8時頃連絡が取れた。
カードを受け取り、航空公園へ。父は留守だったので、ポストに入れて帰宅。

本日も4000枚のチラシをコピーする為に市民活動支援コーナーへ。
バイクで運んでいるとはいえ、4000枚は重い。持ち運びが非常に堪える。
だが、枚数を減らすともっと回数を増やさなければならない。
また、劇場折り込みもしなければならない。
昼間動けるスタッフがいないので、頑張らなければと思うが、3日連続4000枚の運搬は正直しんどい。頑張れ頑張れ、とカニ歩きで運ぶ。
本日も紙詰まりはしなかった。コピーも奥が深い。3日目でかなり段取りが良くなってきた。

全身が凝ってきた。体が蝕まれてきている。
急いでネクストへ運ぶ。全身汗まみれでどろどろ。
急いで身だしなみを整えて、パークタワーホールへ。
電車男のゲネを観に行くのだ。
パークタワーホールはオペラシティの隣かと思ったら、全くの勘違い。
とても遠くてかなり歩く。
ハワイで買ったドレスを来て集合。ユピコ、ナオミィ、タワー制作陣。
しばらくロビーで待っていると、ゲネ中止の報告。急遽明日に変更。
ナオミィ、ユピコと3人で新中野へ。
顔も洗わず、パジャマで仕事をしていたノムミにパジャマを脱いで顔を洗い、出てくるようにお願いする。いつもの定例会。
皆出来上がる。寝不足だったので、帰りの電車で朦朧とする。
逆方向へ行ったり、違う駅で降りたり、ホームで寝てしまって電車に乗れなかったり。
奇跡的に帰宅。

|

« コピーはおまかせ! | トップページ | 電車男と電器女 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父とコピーと定例会:

« コピーはおまかせ! | トップページ | 電車男と電器女 »