« 旅へ | トップページ | ハワイの3人組 »

ハワイへ

e9b21549.JPGハワイと東京は時差が19時間。ハワイは一日近く遅れている。
成田エクスプレスでガイドブックを交換し合う。
私はユピコのガイドブックを読みふけった後、携帯メールで日記を書いていた。
話したり、日記を書いたり気もそぞろな状態で成田に到着。
ノムミから貰った旅の予定と荷物札、ユピコから借りたガイドブックを
そのままなくしてしまった。

夜の成田は空いていた。手続きはスムーズ。
トイレに行くと、濡れた手を乾かす風が出る機械があった。
エアータオルと書いてあった。
「何がエアータオルだ。上手い事いったつもりか」と、吐き捨てるようにつぶやくと
「ユウカピエロはちょっとの隙にも悪態をつくねぇ」と、言われてしまう。
時間に余裕が出来たので祝杯をあげる。ビールを飲む。
ハワイに行くのを忘れ成田くんだりまで来て居酒屋に来たみたいな状態になる。
「遠いから終電が早いんだよ、畜生!」などという冗談を言いながら盛り上がる。
ハワイを忘れないうちにお開き。

飛行機に乗り込む。
離陸してしばらくして、皆寝始める。
その時、通路を挟んで私の隣の家族に異変が起きた。
子供が暴れ始めたのだ。去年の悪夢が蘇る。
去年のハワイ行きでもギャーピー騒ぐ子供がいた。
私の座席を後ろから蹴りつづけるため一睡も出来なかった。
あの二の舞はごめんだ。
子供は暗さと狭さを堪え難く感じたのか「嫌だ嫌だ!」と、地団駄を踏んで
前のスクリーンのある壁を蹴ったりしている。
最早小学校に上がろうという男の子。
その子と幾らも違わない兄が「迷惑だから静かにしろよ」と諌めているが
一向に効果がない。
窓際にいるノムミが「ユウカピエロ大丈夫?」と、心配している。
私が切れ気味なのが分かったのだろう。
去年に引き続く災難にハラハラしているようだ。
そして、機内は急冷蔵されて行く。
腹巻きをしてTシャツ、ふくらはぎまでのパンツ、サンダルという格好に
長袖Tシャツ、長袖シャツ2枚、ジャケット一枚、さらに毛布をかけても寒い。
ユピコも靴下やレッグウォーマーなどで装備しているが
「寒い!」と、驚いている。
外人のスタッフ達は半そででケロリとした顔。
寒さで遭難するような心地。
ユピコの提案で空いている席の毛布を3人分を奪いとる。
寝ているように見えたノムミも寒かったらしい。
私も顔が寒いのでマスクとアイマスクもする。最早何だか分からない状態。
楽しみにしていた旅行なのだ。
ギャーピー暴れる子供、極寒という苦行に信じられない気持ちになる。
だが、間もなく事態は落ち着いた。
急冷蔵は穏やかに。
テレビや映画で見たマラリヤ患者の様に常軌を逸した子供は他の席に移動させられた。
平和が訪れた。
さて、機内で上映される映画でも見るかと
イヤホンをかけるとブチブチという騒音しかしない。
ボリュームを上げると僅かに音声が入るが、
騒音が尋常では無い大きさにになって神経に触る。諦める。
機内食を食べる時にはいつもブロイラーのような気持ちになる。
ビールとワインをくいっと飲んで寝てしまおう。
眠ると再び機内食で起こされる。
そんな調子でハワイ到着。

17日の夜21時頃の飛行機に乗ったのに、到着すると17日の午前10時前。
2度目の17日という感じ。
暑いでは無く熱いという感じ。
だが、からっとしているの心地よい。

ツアーの迎えが来てデューティーフリーショップに連れていかれる。
帰る日の集合時間やバスの乗り方などの説明を受ける。
去年はその場でマリンスポーツやマッサージなどの申し込みをした。
だが、去年の体験ダイビングを請け負った業者は非常に感じが悪かった。
今回は現地で探そうと、ツアー会社が斡旋する企画は申し込まない事にした。

オープンカフェ形式のお店で軽くビールをひっかけ軽食。
デブの国なので、うっかり注文すると異常な量が出てきてしまう。
2品を3人で食べる位が丁度良い。
去年から3度ハワイへ行った中山君情報やガイドブック情報について話し合う。
中山君の妹さんが19日からハワイ入りするらしい。
是非合流して遊ぶようにと言われていた。
皆、頭が朦朧として話が進まない。
海、ショッピング、ダイヤモンドヘッド、ガーリックシュリンプ。
単語は飛び交うが決まらない。

例えば、海。
私はダイビングのライセンスを取ったので是非潜りたい。
ノムコもライセンスを持っているが、持ってくるのを忘れた。
ユピコはまだ潜った事が無い。
我々としては行く行く3人で潜れたら楽しいと考えている。
だが、この旅でライセンスを取るのは不可能。
だからユピコは体験ダイビングをすれば良い。
だが、体験ダイビングと一般のファンダイブでは行動を共にする事は出来ない。

思考停止。

そしてシュノーケルもしたい。
ユピコがバリでシュノーケルをした時は殆ど魚が見えなくてあまり楽しめなかったという。
だから是非魚が沢山いる極楽のような眺めを見せてあげたい。
そしてユピコが初めて感動する瞬間に立ち合いたい。
だが、4泊の旅行。
二日も海に費やすのはどうだろう。

思考停止。

そしてショッピング。
去年行けなくて心残りだったアラモアナに繰り出したい。
だが、予算は?
ダイヤモンドヘッドとタンタラスの丘って違うのか・・・。
次第にとッ散らかってくる。

ハワイでの時間は刻々と流れる。焦り始める。
15時チェックインと言われているが、中山情報では結構早く入れるとの事。
ここで決めたのはチェックインしてから部屋で予定を決めようと言う事だった。
そして我らのホテルアンバサダーへ。

部屋は結構立派だった。
ベッドでぐうたらしながら、クアロア牧場、ダイビングの申し込みをしに行く事を決める。
チラシで見た営業所へ。
だが、そこの受付の女性が酷く感じが悪い。
去年の体験ダイビングのスタッフを思い出させた。
混んでいるから客に困っていない。
全員では無いが、こちらで働いている日本人は観光で来る日本人を嫌っていると思う時がある。とても横柄。
牧場の説明を求めてもチラシを見せるだけ。
食い下がってもおざなりの説明。
「混んでますか?」と聞くと
「混んでますね」と何故かえばっている。
そんなえばるならチラシに宣伝を載せるなと思ってしまう。
あんた達に申し込んでもらわなくても構わないのよ、といった態度。
牧場で選べるアトラクションは
乗馬、バギー、射撃、ジープツアー、映画で撮影したロケ地巡り等。
バギーとはゴーカートのようなモノのようだ。
店員の態度にむっとして「バギーはいいや!私」と、意味もなく毒づいしまう。
他を当るのも面倒なので、ここで申し込む。
ダイビングの事を聞くと、体験ダイブと一緒に10メートル位の所に潜るだけという。
しかも去年シュノーケルをしたハナウマ湾付近。
あの感じの悪い業者ではないだろうか?と不安がよぎる。
ダイビングは他所をあたる事にする。
いくつかツアー会社を当るが、決め手が無い。
明日牧場から帰ってから決めようと、街をうろつく事に。
乗馬をするには靴と長ズボンが必要。
サンダルしか持ってきてないので、今日中に購入する事に。
88という古着屋で長ズボンを探すが、足が長過ぎる。
ここでズボンを買えるのはユピコだけだ。
何故か袖無しTシャツを購入してしまう。
そして運動靴をゲット。適当に買ったのに結構可愛い。
長ズボンはABCマートにある適当なジャージにしようと思ったがやはり長過ぎる。
長ズボンじゃなければ駄目だという事を知らなかったフリすればいいかと、諦めビーチへ。
去年ビーチに来たのは最終日だった。
早めに行っておこうと、波に足だけつけて戯れる。
その後何気なく入ったナイキの店にバーゲンでジャージをゲット。
何故かついでに通りすがりのGUESS?でドレスも。
今日だけで随分買い物をしてしまった。
普段買い物に出掛けないからあまり買わないのだが、行くと最後なのだ。

夕食にエビが食べたいと騒ぐが、普通にアメリカンな店に入る。
ハワイアンビールが美味しい。
帰りに缶ビールを購入。
ホテルのベランダへ出て夜景を眺めながら祝杯。
長い17日が終る。
7/18その2

|

« 旅へ | トップページ | ハワイの3人組 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハワイへ:

« 旅へ | トップページ | ハワイの3人組 »