« 父と母 | トップページ | 無くしてばかり »

峰と今奈良と依田、ときどき新井

峰と今奈良と依田の稽古場へ。
日によって時々ほんの少しだけ出演する事になってしまった。
もうすぐ本番とあって時折緊迫したムードの瞬間もあったが、概ねのんびりしていた。
峰君が素晴らしく素敵な体になっていた。
依田さんも時折見えるおへそがキュート。
今奈良君はずぶ濡れ以上に汗をかいていた。ちょいとした泉だった。
「宝船」座長付きの宮本晶子ちゃんはこちらでも演出助手をやっている。
荒くれ者の男共がギャーピー言っているのを少々困惑顔で見ていたが、
けなげに「大丈夫です!」と、言っていた。
出演者は「泣ける作品」を目指しているらしい。
だが、スタッフさんによると泣けるものはなく、面白い作品になってしまったという。
計算ミスのようだ。
このミスを本番までに埋められるのだろうか。楽しみ。

|

« 父と母 | トップページ | 無くしてばかり »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 峰と今奈良と依田、ときどき新井:

« 父と母 | トップページ | 無くしてばかり »