« カラダとキモチ | トップページ | ひとまずストレッチは続けて良いらしい »

その人はラモス

吉祥寺のCycleSpotへ。モカ色のルイガノを引取に行く。
股間節が痛むので跨がるのがしんどかったが、漕いでしまえば非常にスムーズ。
携帯の調子も悪いのでvodafoneショップにも行く。
修理の間の代替機が予約待ちらしく一週間程待つことになる。
稽古佳境なのにまた吉祥寺に行かなければならない。
でもルイガノで行ってしまおうか、と浮かれる。
時期に梅雨なのが忌ま忌ましい。 1時間位漕いで江古田へ。
ほとんど休まず、バイクに乗り換え、外苑前の稽古場へ。
まだ誰もいないようなので外で待っていると、向かいの何だかわからない店の前に車が止まる。
中から黒い縮れ毛の外人が降りて来た。
ぼんやりラモスに似た人だなぁと思っていたが、よく見てもラモスだった。

台本が書き直され新しいバージョンを貰う。
本読みしたら稽古は終わってしまった。
明日やるシーンを予告され覚えてくるように言われる。ここで小さいパニック。
明日台本を離して立つのだろうか?持つ事は許されないのだろうか?
もしかすると異常に台詞覚えの良い劇団なのかもしれない。
台本持っても良いのですか?と聞く勇気を出せず、そのまま帰宅。
中々覚えられず苦しむ。

|

« カラダとキモチ | トップページ | ひとまずストレッチは続けて良いらしい »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その人はラモス:

« カラダとキモチ | トップページ | ひとまずストレッチは続けて良いらしい »