« ひとまずストレッチは続けて良いらしい | トップページ | 褒め…られた? »

どうですか?

朝10時に鍼灸医院へ。
昨日と同じ箇所に鍼を差して電流を流す。そして冷やす。
私の体全体があまりにも冷えているので、線香の入ったパイプで足腰を暖めてもらう。
腱鞘炎の話をすると、右手親指から血を抜かれた。
「どうですか?」と、聞かれる。
どこに行っても直後に「どうですか?」と聞かれる。
正直分からない。
芳しくない顏をすると悪いので「いいような気がします」と、答える。
どの先生にも不満な顏をされる。
今日は正直に「今血を絞った痛みで感覚が無いです」と、答えてみる。
「これで駄目だったら手首から血を抜くかどっちかなんだよね」と、言われる。
手首から抜くのは少々怖い。
その後思いきり首を引っ張られる。「ガキッ!」と、音がする。
ショックが大きくて頭がくらくらした。
また、「どうですか?」と、聞かれた。
明らかにやばい。
今まで来た事の無い位置に首があるような気がした。
去年自転車でチワワを轢いた時の事を思い出す。
申し訳ないと思ったのだが、チワワは目を白黒させて馬鹿みたいな顏をしていた。
私は丁度そんな状態になっていた。
だが、「あ・・・なんかすっきりしました」と、答えてしまう。
ふらふら治療院を出る。
だが、驚く事に小一時間後、妙に首と頭がすっきりしてきたのだ。肩や首の凝りが吹き飛んでいたのだ。
感動する。

夜に加藤直美嬢、山崎和如君が出演している「シナリオライター★松本マリコの課題」を観に行く。
シネ・ラ・セットは素敵な場所だった。
前の方が素敵なソファやテーブルがあってカフェ状態になっている。
私はカウチで足を伸ばして映画鑑賞。
毒もありつつ前向きなハッピーエンドのお話。
直美嬢、山崎君のアップが沢山堪能出来た。

|

« ひとまずストレッチは続けて良いらしい | トップページ | 褒め…られた? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうですか?:

« ひとまずストレッチは続けて良いらしい | トップページ | 褒め…られた? »