« 萌え | トップページ | 疲れは若さの揉みかえし »

関節が緩い家系

疲れ気味。
体調が悪い時に痛くなる右の股関節が嫌な感じ。
そろそろメンテナンスしなければならない時期のようだ。
ここ数年整体やカイロに通っていない。
首も腰も曲がっているので定期的に通わないと駄目だと言われ、一時期せっせと通っていた。
だが、終わりの無い治療に精神も金銭面も疲れ、止めてしまっていた。
関節が緩いのですぐにずれてしまうらしい。

固い人は嵌めればしばらく安定するが、緩くて浅い人は嵌めても安定しない。
筋肉をつけて支えなければならないのだが、筋肉がつきづらい体らしい。
真に受けるのも嫌だったが、何万人に一人という割合のやっかいな体らしい。
母も同じ体質。先生に「ああ、そっくりです」と、嘆かれた。
亡くなった祖母は、晩年に何度も骨折して入院していた。
パンツを履き替える為によろけても入院なのだ。
母も膝が痛いと、苦労している。
気が重い。

マチネはお客の反応が薄そうだった。
出番が遅い私たちのチームも戦々恐々としていた。
リラックスさせる意味もあって、
「せいぜい散々退屈でつまらない思いをさせてやろう」
と、皆を励ます。
その甲斐があったのか、私たちのチームの芝居の反応は良かった。

|

« 萌え | トップページ | 疲れは若さの揉みかえし »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関節が緩い家系:

« 萌え | トップページ | 疲れは若さの揉みかえし »