« セット破壊 | トップページ | 関節が緩い家系 »

萌え

日記の日付を誤って12月と書いてしまう。我ながら正気か?と危ぶむ。

本番前の故林さん、モロさんチームの演出の根本さん、木村さん、と
楽屋で近場の若手チーム達との会話が楽しい。
我々のチームのカワイ子ちゃん水野さんが、「萌え~」というボキャを最近使い慣らしたらしい。
同じチームの森山さんが使った事が無いと知ると、皆で使わせようとという事になった。
森山さんは恥ずかしがって中々言えない。
水野さんは間違ったタイミングなのに「今使う時」みたいな信号を送っていた。
実は私もそれ系の言葉は分からない。
宝船の時イクマ君がアドリブで入れていたのも、初めは変だから止めて欲しいと思っていた。だが、意外に受け入れられているようだった。
私の相手役の皇君は楽屋でずっとヘッドフォンをして踊り狂っていた。
精神集中しているようだ。
これは高木珠里ちゃんもやっていた。
とても触れられる雰囲気では無い。
踊りがヒロミ・ゴーみたいなのだ。
私の息子役の林君は常に尋常じゃない差し入れを貰い皆に配っていた。
彼は自分には妹がいないからバイト先に沢山妹を作っているという発言をしていた。
差し入れは常に妹からだろうとからかわれていた。
「キモい」「ひくよ」など、水野さんに言われてもめげずに妹話をする。
めげない所が苛めやすく、私も便乗して毎日意地悪を言っていた。
彼には
「あ、新井さんって宝船の人なんですね」
と、言われる。
「そうだよ」
「ここって最近旗揚げした劇団ですよね。旗揚げするってチラシみた事があります」
「うん。そうそう」
「へ~」

あまりにも無邪気だったので、私が座長だとは言えなかった。

終演後ノムコ嬢と、イマナラ君とそば屋に入る。
最近代謝が悪く、太り気味。
お酒も抜いてお茶で小一時間。

|

« セット破壊 | トップページ | 関節が緩い家系 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萌え:

« セット破壊 | トップページ | 関節が緩い家系 »