« コロす理屈 | トップページ | 10数年会ってない人の誕生日 »

男の生き様

場当たり。ゲネ。
幾つか衣装を持って行く。
ある一点を除けば素敵なのだが、少々問題のある衣装に決定。
決まったからには堂々と着たいものだ。
いきなりヒールのある靴を履いたら、動きにくさより、背が高くなって視界が変わった事に困惑した。
稽古場から皆靴を履いていたのだが、私はまあなんとかなる、荷物を減らしたいと、そういう事をしていなかった。早く慣れたい。

夜中に陣内孝則が出ている、ヤクザの花形敬という人をモデルにした映画をやっていた。
全く共感できなかった。
いたら迷惑な頭の悪い暴力男の話だった。
一昨日読んだ死刑判決を受けた青年の本で、彼は自分の父親をひどく憎んでいた。
暴力を振るって遊んでばかりで家族に迷惑をかける父親。
陣内のやっていた役も、お腹に子供のいる藤谷美和子を殴りつけて喧嘩に行き、人を殺して刑務所に入っていた。あまり変わらない。
蒲田行進曲でも、銀ちゃんはお腹に子供のいる小夏に暴力的になっていた。
蒲田行進曲では、自分の子供ではないから、まだ解る。
だが、男性には自分を縛る鬱陶しい存在として妊婦を憎む気持ちがあるのかもしれない。
そしてそういう男に着いて行く幸の薄い女が描かれている。
そんな事をしても自分を思ってくれる女というのが、良いようだ。
そういう男の生き様に憧れる人もいるらしい。気持ちが悪かった。

|

« コロす理屈 | トップページ | 10数年会ってない人の誕生日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308618/32570579

この記事へのトラックバック一覧です: 男の生き様:

« コロす理屈 | トップページ | 10数年会ってない人の誕生日 »