« 15歳の年の差なんて | トップページ | 痛い夜 »

飲む事が約束された日

ストレッチで酒を抜く。
今日はハイレグタワーの新年会。飲む事が約束された日。
今日はとても良いお客さんでやりやすかった。
ラストの拍手は密度が濃くて嬉しかった。

新年会では沢山人がい過ぎて、頭が混乱した。
私はどうやら大勢の飲み会が苦手らしい。
全員で会話出来る程、お互いを知らない人達の仲で率先して盛り上げたりするのは、体力のある時しか無理だ。
割とぼんやりしてしまう。
いつの間にかサシのトークに入ってしまう。
サシや3人位になると、俄然生き生きする。
ウーロン茶を入れながら、ほぼ定位置にいた。

気付くと猫のホテルの打上げから一瞬顏を出した千葉さんがいた。
今回は観に行く事が出来なくて残念だった。
その事を詫び、再び沖縄に行く計画を立てた。
久しぶりに見た千葉さんは可愛過ぎて困るほどだった。

電車で帰ろうとするとノムコが
「浦島君が車で送ってくれるって。明日早いなら車で帰れば」と、車の所まで連れて行ってくれた。
ノムコは車には乗らずタクシーで帰ったらしい。
ぼんやりしていたが、悪い事をした。
浦島君の車で中坪由起子嬢が買った王将の餃子を食べながら帰る。
私の家に一番に寄ってもらった。

帰宅後、体重を計ったら朝から2キロ増えていた。
衝撃を受けたがどうする事もできない。そのまま寝た。

|

« 15歳の年の差なんて | トップページ | 痛い夜 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308618/32570582

この記事へのトラックバック一覧です: 飲む事が約束された日:

« 15歳の年の差なんて | トップページ | 痛い夜 »