« 東京と大阪のちがい | トップページ | 幹事の感じ »

ロウ男

昨日書き忘れたが、毎日日替わりゲストがいる。
昨日はイクマ君だった。
頼まれもしないのに、白塗り。胸に赤い字で呪怨と書いていた。
イクマ君が独自にやった形態模写は今一つ受けが鈍かった。
「台本通り言ったら受けたよ。これ不思議だね」と、言っていた。
今日はゴキブリコンビナートのDr.エクアドルさん。
昨日のイクマ君の回を見ていた為かは解らないが、凄い事になっていた。
いつもあわさんの髪を結っているロビーに設けた一角へいくと、全裸の男の尻が見え驚く。
エクアドルさんがカセットコンロを持参して、ロウを溶かして頭からかけていた。
それだけで地獄絵図だった。
そして、股間をティッシュで隠して、首からブタの耳や肉片、骨などをぶら下げていた。
そのエクアドルさんは、舞台上で「馬肉を食う~」などと叫んでいた。
ノムコが即興でケリを入れると、ロウや肉が飛び散ったらしい。
その後舞台はつるつると滑るようになってしまった。
ノムコが楽屋で「ごめんなさい~」と謝っていたが、蹴る事はお客さんもエクアドルさん自身も願っていたようだ。
その日はトクリン、加藤直美嬢、中山君らと飲みに行く。
とても楽しかった。東京に帰ってきた実感が湧いた。

|

« 東京と大阪のちがい | トップページ | 幹事の感じ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1308618/32570573

この記事へのトラックバック一覧です: ロウ男:

« 東京と大阪のちがい | トップページ | 幹事の感じ »