« 試される演出家 | トップページ | 座長らしさ »

減らす

オーディションを受け、台本の直しをする。
直し、と言っても主にカットだ。
初め、104ページから103ページに、103ページから89ページに、89ページから86ページに、86ページから粘りにねばって83ページまでに減らした。
減らすためには新たに付け加えなければならない事もあり、自分の台本がパズルのように感じられた。
最早自分の手で減らすのは限界。
能力が高くないので、これだけでも何日もロクに眠らずにやらねばならなかった。
果たして全体像はどうなのだろうか。
余計なオカズをかなり削ったので見やすくなった部分もあるが、アラスジだけのそっけないものになっている可能性もある。
とりあえず、稽古をやりながら考えよう。

大分楽になったとは言え、悩みが解決した訳ではない。
時折、深みに引きずり込まれそうになり、テトリスなどで自我を無にする。

|

« 試される演出家 | トップページ | 座長らしさ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 減らす:

« 試される演出家 | トップページ | 座長らしさ »