« 踏ん張りどころ | トップページ | 好きな人とデート »

女子として

今日は大声を出せない稽古場。
シーン全部を本読みしてタイムを計った。1時間45分だった。
これに、映像や転換、予想される間など諸々を足して考えると、1時間50分位のはず。
だが、実際通してみないとまだ分からない。

早めに稽古を終えたので、久々に飲みに行く。
TJこと多田君が年若いショウコちゃんの隣に行きたがり、年上の女性陣に「今、あたし達を敵に回したね」と、軽く苛められていた。
普段キャストだけやっている時は私も一緒になって言っていたに違いない。
今回は不思議と全くそんな気持ちが起きない。
女子として認められようという気持ちが皆無になっている。これはちょいと危険だ。

隣の席で騒動舎のコ達が飲んでいた。
宝船メンバーはほとんど帰る。マンゾウ君と私のみ。
あとはバラリロガンガンベガスの峰君や、ワッティ君。どれだけいたか忘れた。
新宿まで、マンゾウ君と一緒に帰る。
マンゾウ君と別れた後、ゴールデン街で飲んでいる筈のお友達に電話して合流。
石川ゆうや君と安元Pちゃんのお店へ行く。
Pちゃんにメールアドレスを聞かれ、書こうとするのだが、字が全く書けなくなっていた。
どうやら指先に酒が回っていたようだ。

|

« 踏ん張りどころ | トップページ | 好きな人とデート »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子として:

« 踏ん張りどころ | トップページ | 好きな人とデート »