« 久々の駄目出し | トップページ | 明日まで仲良し »

いい女

朝方まで起きていたが、前日飲まなかったせいでかなり体は楽。
やはり酒は疲れる。

サンモールへ行き柔軟をしに行くと、水橋君がかなり腰の疲れを訴えていた。
1時間40分出ずっぱりだから無理もない。
持田さんと三人で楽日の打ち上げ前にマッサージへ行く計画を立てる。
そこへ木村さんが来る。
「私も体疲れてる」と言うので詳しく尋ねる。
すると、この公演が始まってから4回も朝まで飲んでいるらしい。
疲れるのは当たり前だが、それでいて舞台ではちゃんと面白い。
こういう人を見て、同じペースで飲んで自滅しないようにしなければ・・・と気を引き締める。

舞台が始まる前に家城さんが耳打ちに来る。
「下世話な話ですが、うちの連中が新井さんをいい女だと言っていたんですよ」
というではないか。
浮かれて「なんていい人なんでしょう!」と、喜んだ。
だが、
「そんな事ない。結構おばさんだっていっておきました」
と言われ、その直後に開演。
そんな事言わなくてもいいじゃないかとムカムカして、彼と絡む度に腹が立った。
彼がギャグを外した時には、そんな事言ったからだよ、といい気味だと思った。
だが、私は毎回全てのギャグを外している。
その度に別に笑わせようなんて思ってないから全く傷ついてないね、と自分に言い聞かせていた。
本当は外す度に沢山の矢が刺さる気持ちになる。
今日の芝居は全体的に丁寧にやり過ぎたのかもしれない。
明日は気持ち雑にやろうと思った。
あまり丁寧にやり過ぎると段取り臭くなるのかもしれない。

今日は水橋君主催の、身内の飲み会があった。
「同じ稽古の皆とばかり飲んでたから、関係無い人と飲むのは大事だね」と、皆バラバラに飲んでいたのだが、久々に身内で飲みたくなったらしい。
沖縄料理屋で集う。殆ど一次会で帰る。
伊藤君が知り合いの映画監督さんとその宣伝をしている女性と、もう一軒行くと誘ってくれた。
フレッシュネスでコーヒーを飲む。
伊藤君が河原君の事をとても褒めてくれて、身内として嬉しかった。

|

« 久々の駄目出し | トップページ | 明日まで仲良し »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いい女:

« 久々の駄目出し | トップページ | 明日まで仲良し »