« ねえさんのはいらない | トップページ | 自家製ラッキョウ »

ばれた!

稽古で注意された。
「あそこ棒立ちだからちゃんとリアクションして」との事。
誰にも気付かれないと思っていたが気付かれてしまった。
「ばれたか・・・」と、言うと驚かれた。
「ばれたかじゃないよ、ちゃんとやって」と言われる。
「棒立ちでも耐えうる人間になろうとしていた」と、意気込みを語った。
だが、「そんな個人の挑戦は他所でやってよ」と、言われ断念するしかなかった。
私も本当は棒立ちでいるほうが辛いのだ。
あえて辛い挑戦をしていたが、ばれたという事は出来ていなかったという事と、素直に治す事にした。

帰宅後東京スポーツを読んでいると、テレビ欄に「タイタニック」と記してあった。
点けてみると、まだ始まって30分位だった。
流しているだけのつもりだったのに、最後までしっかり見てしまった。
以前観た時はケイト・ウィンスレットが胸を露出していた記憶があったが、テレビでは出していなかった。
ディカプリオは太陽のような明るい魅力があった。
だが、どうせ死んでしまうのなら、さっさと死んでしまった方が楽ではないかと思った。
普通に死んでしまいそうな修羅場を散々くぐり抜けて来たのだがら、残念。
ケイト・ウィンスレットを生かす為に最善を尽くしたから、安心して死んだようだ。
だが、会って数日の人の為に命をかけるなんてロマンチック過ぎやしないか。
やはり、見どころは船が縦になる所だった。

|

« ねえさんのはいらない | トップページ | 自家製ラッキョウ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ばれた!:

« ねえさんのはいらない | トップページ | 自家製ラッキョウ »