« 失恋に慣れることはない | トップページ | 朦朧 »

もう寝ましょうと諭される

高田馬場アートボックスホールへ。
劇団バラリロガンガンベガス旗揚げ公演「ガンダーラ~やりっぱなしでサヨナラバイバイ~」に折り込み&観劇。
観た事の無いような変わった芝居だった。
キャラの濃い人達が好き放題やっている様は清々しかった。
全くよく分からないのだが、笑いが絶えなかった。

酒浸りの体だったので帰ろうと思ったが、出演者の大関君に誘われ飲んでしまう。
結局、峰君、大関君、マワタリ君、グッチ君、ガッツちゃんを家へ招く。
朝方部屋へ行く途中、大家さんに遭遇。
5人も人を連れて帰った私を見て、驚いている様子だった。
口に指を当てて、「静かにね」という合図をされた。
マワタリ君とかなり話し込むが、彼は眠かったのだろう。
「もう寝ましょう」と諭された。
気がつくと皆寝ていた。皆ちらほら帰って行った。
マワタリ君が溜まっていた洗いモノをしてくれて感謝の意を伝えようとするものの朦朧とする。

|

« 失恋に慣れることはない | トップページ | 朦朧 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう寝ましょうと諭される:

« 失恋に慣れることはない | トップページ | 朦朧 »