« 悪い具合 | トップページ | 温泉芝居当日 »

本番前日

熱は引いた。大分楽になる。しかし、まだ咽喉が腫れていて喋り辛い。
13時に稽古場に行くと、小林さんとイヌニャーさんしかいない。
イヌニャーさん達は賑やかで、私達が遅刻をしているのに、代わりに謝りますと謎のギャグを連発してくれた。気さくで愉快な人達だ。
タイシ君、峰君は前日飲んでいた為、遅刻。
タイシ君は酒の匂いをぷんぷんさせて現れた。
峰君と一緒にラブヨーの中谷竜君の家へ泊まっていたらしい。
しかし、峰君を置いて来てしまった。峰君がいなければイマナラ君の稽古はできない。
ノリオさんとイクマ君は15時に来る。
やれるシーンが限られてしまう。イマナラ君には峰君が来るまで寝ていて貰う。
そういう調整をするのに四苦八苦。

峰君は結局夜から来た。
大分セリフを覚えて来たけれど、明日が本番なので、もう少しセリフを入れて欲しいものだ。
夜にはナレーションをやってくれる山田広野君が来た。
どうも私達の芝居の為だけに来てくれたようだ。
しかし、役者も全員いる訳ではないし、スタッフさんもいないので、通す事もできない。
ナレーションの部分だけ抜いて一回だけ練習してもらう。
人を仕切るのは難しい。出来ないわけでは無い事が分かったが、どうも照れ臭い。
20時頃音響の中村ヨシヒロ君が来て、声録りと打ち合わせ。

稽古できる所も無いし、明日元気で来てもらうのが一番なので、役者さんには早めに上がって貰う。

明日は本番。
5日しか練習していないが、意外と大変だった。
でも、5日しか稽古してないから大変だったのかもしれない。
明日が楽しい日になりますように。

|

« 悪い具合 | トップページ | 温泉芝居当日 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本番前日:

« 悪い具合 | トップページ | 温泉芝居当日 »