« ゆうかちんと呼んでください | トップページ | 千々に乱れる »

二枚目芝居

 「寝盗られ宗介」を観に紀伊国屋サザンシアターへ。ハイレグタワー制作の高橋麗ちゃんから、遅れるとの電話。谷口さん、伊久磨君、衣装の木島さんは間違えて、パルコ劇場へ行ってしまい、やはり遅れるらしい。いつもは、私がやらかしそうな事を3人も揃ってやっているので嬉しくなる。自分が優等生にでもなったような気分だ。受け付けで、R・U・Pの制作の大金さんに「なんか間違えてパルコに行ってしまったようなんですよね」と、嬉々として報告。
 今日は、他に政岡たいし君、今奈良孝行君、森本訓央さん、以前演出助手をやっていた梅村タカシ君が観に来ていた。最初はかなり渋い時代劇が始まるのかと思いきや、学ランや着ぐるみの人も現れ、困惑した。しかし、観方が分かってからは楽しめた。凡人には真似出来ない、愛の形を知らしめる物語であった。横山めぐみさん扮するレイコという女優は、芝居ひとつで劇場に雨を降らせたり、寒さを感じさせたり出来るらしい。まるで北島マヤや姫川亜弓だ。本当にそんな事が出来たらどんなに素晴らしいことか。
 以前所属していた劇団で、どんな役者になりたいか演説するという稽古があった。私は台詞を言わなくても、すべての生い立ちまでわからせるような事が出来たら素敵だと思い「エスパーや超能力者になりたい」と演説。ふざけていると思われた。
 終演後、去年「HAKANA」というお芝居でお世話になった、山崎銀之丞さんにご挨拶をするために楽屋へ行く。しかし、今日はつかこうへいさんがいらしていたため、すぐ稽古に入ってしまっていてお会い出来なかった。終演後稽古というのは始めて聞いた。流石つか芝居である。以前飲み会で銀之丞さんに「私はこんな二枚目な芝居をする人に初めて会いましたよ。いやぁ、二枚目ですよね」と絡んだことがあった。純粋に感動を伝えたかったのだが、「俺はそんなことないよ」と少々辟易されてしまった。しかし、今日観た銀之丞さんはやはり二枚目で格好良かった。どうしてあんなに格好いいのだろう。私もあんな風になりたいものだ。今そんな気がしているだけかもしれないが。訓央さんも「カッコええのぉ」としきりに言っていた。彼もきっと本当はああいうことがやりたかったに違いない。人生ままならない。
 大層お腹がへったので、今奈良君、たいし君、梅村君と飲みに行く。水曜日だというのにどこのお店も混んでいて3軒目でやっと入ることができた。最初はウーロン茶を頼んだのだが、いつのまにかビールを飲んでしまう。

|

« ゆうかちんと呼んでください | トップページ | 千々に乱れる »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二枚目芝居:

« ゆうかちんと呼んでください | トップページ | 千々に乱れる »